評価 ★★★★★
金利 9.5 / 10
手数料 8.5 / 10
サービス 10.0 / 10
サポート 7.5 / 10
口コミ 9.0 / 10
  • 変動金利
  • 固定(当初引下げ)
  • 固定(全期間)
  • フラット35
  • 変動金利
    0.497%
    事務手数料 借入額x2.16%
    保証料 無料
    限度額 500万円~1億円
    繰り上げ返済 無料 ※1

    ※1 固定金利特約期間中の場合は32,400円(税込)
    ※2 フラット35の事務手数料は住信SBIネット銀行口座の場合1.08%(税込)、他社口座の場合1.62%(税込)

  • 3年固定 0.45%
    5年固定 0.47%
    10年固定 0.56%
    15年固定 0.91%
    20年固定 0.91%
    30年固定 1.21%
    事務手数料 借入額x2.16%
    保証料 無料
    限度額 500万円~1億円
    繰り上げ返済 無料 ※1

    ※1 固定金利特約期間中の場合は32,400円(税込)
    ※2 フラット35の事務手数料は住信SBIネット銀行口座の場合1.08%(税込)、他社口座の場合1.62%(税込)

  • 3年固定 1.13 %
    5年固定 1.15%
    10年固定 0.96%
    15年固定 1.31%
    20年固定 2.19%
    30年固定 2.26%
    事務手数料 借入額x2.16%
    保証料 無料
    限度額 500万円~1億円
    繰り上げ返済 無料 ※1

    ※1 固定金利特約期間中の場合は32,400円(税込)
    ※2 フラット35の事務手数料は住信SBIネット銀行口座の場合1.08%(税込)、他社口座の場合1.62%(税込)

  • フラット35 フラット35s
    15~20年 21~35年 15~20年 21~35年
    1.03% 1.1% 0.73% 0.8%
    事務手数料 借入額x1.08%※2
    保証料 無料
    限度額 500万円~1億円
    繰り上げ返済 無料

    ※1 固定金利特約期間中の場合は32,400円(税込)
    ※2 フラット35の事務手数料は住信SBIネット銀行口座の場合1.08%(税込)、他社口座の場合1.62%(税込)

住信SBIネット銀行の概要

住信SBIネット銀行は三井住友信託銀行とSBIホールディングスの共同融資の元2007年に設立されたネット専用銀行です。店舗と銀行員をもたないことでコストを削減し、低金利ながら充実したサービスプランを提供しているのが特徴です。

数あるネットバンクの中でも住信SBIネット銀行は低金利で知られています。とくに注目なのが変動金利と短期固定金利で、住宅ローン史上最低金利といわれている現在、借り換えの需要を一気にかき集めています。

変動金利は毎年2回金利の見直しがされ(ただし返済額の更新は5年に1回)、固定金利は対象期間がすぎると引き下げ額がなくなってしまいます。そのため、一般的には引き下げ期間が有利なうちに返済完了できるのであれば、総返済額を大幅に削ることもできます。

1990年のバブル崩壊後、また2006年のリーマンショックから続くデフレによって金利は下降を続け、近年は過去最低水準を更新し続けています。

下表は金融機関が固定金利を調整する際に基準とする、日本国債10年の金利推移表です。

20160714kinri

借り換えのポイントは借入時の金利と現在の金利の差分です。5年間で約1.0%、10年前と比較すると2.0%以上低下しています。つまり少なくとも5年前に住宅ローンの借り入れをした方は、1.0%分(住宅ローンの金利は同数ではありません。)多く支払っていることになります。

また、銀行間の値下げ競争も相まって、現在の金利は限りなく低い水準に達しています。実際に銀行は金利のみでは利益が確保できず、オプションプランを充実させるなどサービスの向上によって他銀行との差別化を図っています。

金融機関にとって厳しい時代となっていますが、反対にお金を借りるわれわれにとっては理想の環境となっていると言えるでしょう。新規・借り換えともに住宅ローンを借りやすい時期なのです。

団信・8疾病の保険料0円

住信SBIネット銀行のもうひとつの目玉が、保障料の無料サービスです。

■団信(団体信用生命保険)
住宅ローンの借入額は高額で、長期返済になりがちのため、万が一に備える必要があります。団信は住宅ローンの返済途中で、返済者が死亡、高度障害など支払い能力を失ったと診断された場合、保険会社が住宅ローンの残高を支払うというものです。想像してみてください。もし団信に加入していない場合、残された家族が住宅ローンの返済を続けなければなりません!

長期間借り入れる際に検討する住宅ローンにフラット35があります。長期固定金利ながら、金利が比較的低く人気の住宅ローンです。しかしフラット35では団信の加入はオプションとなっており、利用する際には費用を負担する必要があります。

借入金額 2500万円 2500万円
借入期間 20年
金利 1.5%
1年目 89,500 89,500
10年目 51,500 72,200
20年目 2,800 48,300
30年目 19,000
合計 961,300 1,778,900

2500万円借入 35年ローン 金利2%と想定した場合、団信保険料だけで総額約180万円も必要となります。
しかし、住信SBIネット銀行の住宅ローンであれば無料で利用できるのです。

■8疾病保障
8疾病とは、3大疾病(ガン・脳卒中・心筋梗塞)に加えて5つの重度慢性疾患(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)を患ってしまった場合、保険会社が支払を行ってくれる保障です。

ご存知でしょうか?日本人の約2人に1人が一生のうちにガンと診断されており、死亡原因の半数以上が3大疾病を原因として亡くなっています。また、ガンと診断された方の約4割は離職または休職しています。

cancer-analytics

8疾病保障は一般的にオプションプランとして任意加入となっており、保険料は借入金額の0.25~0.3%を上乗せ、もしくは一定の保険料(毎月1000円~3000円程度)がかかります。

借入額2000万円 固定金利10年1.25% 35年返済を組んだと仮定すると

プラン 毎月返済額 総返済額 毎月保険料 総保険料
保険料無料 5万8817円 2470万3140円 0円 0円
保険料有料 6万1727円 2592万5340円 2910円 122万2200円

毎月の返済額が3000円増える程度と思うかもしれませんが、ちりも積もれば山となり、返済完了時には120万円以上も支払っていることになるのです。住信SBI銀行であれば、無料で利用できるので、浮いたお金を頭金や繰り上げ返済に回せば、この差分以上の効果があるといえるでしょう。

さらに、

  • 保証料無料 一般的には0.2~0.4%程度の負担
  • 一部繰り上げ返済の手数料無料
  • 返済口座への資金移動無料

金利の安さと、住宅ローンを借り入れ条件となる保険や保証料が無料な点で、他銀行とのメリットがわかりやすいですね。

来店相談できるネット銀行

ネット銀行というと、インターネット上で様々な手続きが行えるのが特徴ですが、やはりお店で担当者と話しながら相談したいという方も少なくないかと思います。

住信SBIネット銀行では、店舗での個別相談を受け付けています。

個別相談の申し込みはコチラから

支店 住所 最寄り駅
新宿中央支店 〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-19-5   第二明宝ビル1F/2F
JR線「新宿駅」南口 徒歩5分
都営地下鉄線「新宿駅」7番出口 徒歩3分
秋葉原支店 〒101-0021
東京都千代田区外神田4-5-5   アキバ三滝館1F
JR線/つくばエクスプレス「秋葉原駅」徒歩5分
日比谷線「秋葉原駅」徒歩7分
大阪支店 〒530-0057
大阪府大阪市北区曽根崎2-12-4   コフレ梅田1F
地下鉄谷町線「東梅田駅」地下街直結 4号出口
名古屋支店 〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3-24-24   錦324ビル11F
地下鉄東山線「栄駅」10番出口 徒歩1分
浜松支店 〒430-7711
静岡県浜松市中区板屋町111-2 浜松アクトタワー11F
「浜松駅」徒歩4分
福岡中央支店 〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡2F
「天神駅」16番出口 徒歩4分
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク