提携ローンを利用すると130万円も損するワケ

alliance-loan-plan_main

提携ローンとは

マイホームを購入・新築する時に、物件選びと同じくらい頭を悩ませるのが住宅ローン選びです。最近では金利タイプやプランが数多くあり、手数料や契約条件などがさまざまで比較・検討するのが大変です。ほとんどの人が家を買うというのは生まれて初めてのことで、住宅ローンや金利などには馴染みがないことでしょう。そこで不動産会社と銀行が提携して住宅ローンを紹介しているのがいわゆる「提携ローン」と呼ばれるものです。

分譲住宅のオープンハウスに訪れた際やマイホームの新築を施工店に依頼したときに、説明パンフレットなどと一緒に提携銀行の紹介をされると思います。これはつまり不動産会社や施工店が提携している銀行が取扱いしている住宅ローンなのです。

不動産会社や工務店が紹介してくれる銀行ということで、申込みや手続きが簡単なこともあり、住宅ローン契約者全体の約6割がこの提携ローンを利用しているという統計があります。(全国住宅建設産業協会連合会等調べ)

しかしハッキリといって、提携ローンを進められるがままに借りると大損することになるでしょう。

スポンサーリンク

提携ローンのメリットとデメリットを比較

提携ローンのメリットの一つに金利の低さがあげられます。提携する不動産会社の紹介割引によって0.2%程度金利を優遇してもらえる場合が多いです。また、手間のかかる住宅ローンの申込みや手続きを一括で代行してくれたり、鬼門となるローン審査も物件が調査済みなことや提携優遇が多少効くため、比較的審査が甘めの傾向があり、手続きの期間も短いという利便性のよさもあります。必要書類の種類や提出時期のスケジュール管理なども不動産会社が案内してくれるため、指示どおりに動けばいいので簡単です。

一方で提携ローンのデメリットは選択肢の少なさでしょう。そしてこれが最大の問題になります。

不動産会社のおすすめということで安心して借りてしまう人が多いですが、実際には不動産会社にとって都合のよい銀行を紹介しているにすぎません。

alliance-loan

不動産会社と銀行が提携している理由として、銀行側は住宅ローンを借りてくれるお客さんを連れてきてもらえ、そのお礼に不動産会社は紹介料を銀行から貰っているのです。つまり不動産会社がおすすめする住宅ローンというのは、金利の安さやサービスのよさではなくて、一番多くお礼金をくれる銀行のプランでしかないのです。

住宅を購入する人のほとんどは住宅ローンについては素人です。住宅を購入する流れや手続き、費用について専門的な知識がないことも不動産会社は知っています。不動産会社は当然のごとく提携ローンを勧めてきますし、提携ローンで契約することを前提としたスケジュールの説明をします。また住宅ローンのプランについて少し突っ込んだ質問をしても、見た目の金利の低さや優遇サービスなどを見てなんとなくわかった気になって契約してしまうケースが多いのです。また提携ローンの申込み手数料をしっかりと諸費用の中に上乗せする不動産会社も少なくありません。

しかしこの金利サービスや優遇条件は、必ずしも有利な条件であるというわけではありません。提携ローンの優遇条件を加えた上でもさらに低価格で借りられる可能性は大いにあるのです。

実際に住宅ローンのプランを比較してみましょう。

【不動産会社提携ローン】みずほ銀行フラット35
【ネット銀行】楽天銀行フラット35
【借り入れ金額】3000万円
【金利プラン】

みずほ銀行フラット35 楽天銀行フラット35
返済期間 30年 30年
金利 2.00%-0.2%優遇 1.54%
毎月返済額 107,909円 104,112円
総返済額 38,847,253円 37,480,470円

日本最大手銀行のひとつみずほ銀行と提携している不動産会社は多いですが、金利優遇を0.2%うけたとしてもまだ楽天銀行のフラット35の方が0.26%もお得になっています。毎月の返済額は4000円も差がでますし、総返済額では1,366,783円円も違います!

現在ではインターネットで自宅からでも申込みができるネット銀行が増えており、手続きもシステム化されてとても簡単になっています。「難しいもの」という印象をもたれがちですが、一度試しにお申込みしてみましょう。お申込みの手続きだけであればキャンセルしてもお金が発生するということは決してありません。

提携ローンで契約した人は借り換えすべき

前述したとおり、提携ローンは必ずしも業界でもっとも安いプランを紹介してもらえるわけではありません。すでに住宅ローンを利用している人は借り換えで返済額を減らせる可能性があります。

借り換えでは、この2つを比較して安くなればよいわけです

  • 現在のローンの総返済額
  • 借り換えの手数料+借り換え後の総返済額

先ほど例に挙げたみずほ銀行と楽天銀行の住宅ローンで3000万円30年ローンの返済開始から10年後(残り返済期間20年)のケースで比較します。

返済額比較
みずほ銀行フラット35 楽天銀行フラット35
返済期間 30年 30年
金利 2.00%-0.2%優遇 1.31%
毎月返済額 96,327円 90,951円
総返済額 40,457,296円 38,844,610円

10年後に楽天銀行フラット35に借り換えた場合、毎月返済額が6万円下がり総返済額で1,612,686円の差がでます。借り始めの場合と比較して、10年間返済したことで返済期間が20年になり、さらに低金利のプランを利用できるようになりました。楽天銀行フラット35の20年ローンでは金利が1.31%になるため、みずほ銀行の提携ローンと比較すると0.49%もお得になります。

借り換え手数料一覧
印紙税 2万円
保証料 40万円
手数料 3万円
抵当権費用(旧解除・新登録) 12万円
司法書士費用 6万円
合計 63万円

住宅ローンの借り換えでは諸費用が発生します。今回は返済開始10年後の残り返済額2300万円分の諸費用を計算しました。諸費用は合計で63万円になりますが、金利が下がることで総返済額が160万円お得になるので、借り換えすることで合計約100万円節約することができるわけです。

住宅ローン利用者の実に6割にのぼる人が提携ローンを利用しており、そのほとんどの場合もっとお得なプランがあると思うととてももったいないですね。これからマイホームを購入しようと思っている人はもっと安い銀行がないかしっかり情報を集めて比較検討してください。すでに提携ローンで借りている人は、返済額を減らせる借り換えプランを探しましょう!

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。