奨学金返済中でも審査に通る住宅ローンは?

大学生の半数以上は奨学金を利用している!

マイホームの購入を検討しているが、他にもローンがあって審査に通るか不安という質問をよく聞きます。

もっとも代表的なのはこの2つ。

  • 車のローン
  • 奨学金

結論から言えば、他のローンがあっても、住宅ローンの審査に落ちることはありません。

「奨学金」というと特別な印象を受けますが、基本的に通常のローンとなんらかわりません。もし滞納期間があれば、記録がついてしまい、住宅ローンの審査でペナルティの対象になります。

とはいえローンを組んでいること自体が住宅ローンの審査で問題視されることはありません。住宅ローンの借り入れ額は月々の返済比率で決まります。

給料に対して、毎月これくらいなら返済できる。毎月の返済額が○○万円であれば、総額○千万円まで融資が受けられるといった計算です。銀行側としては、きちんと返済できるのであれば、車のローンがあろうが、奨学金を借りていようが関係ないのです。

しかし、住宅ローンの借り入れを限度額ギリギリまで考えている場合は注意が必要です。何千万円というお金を貸すことになる住宅ローンには銀行側も慎重です。審査ではこの人ならいくらまで貸せるという基準を設けています。

それが融資限度額で、一般的には35%前後です。

a 年収が350万円の場合
350万円÷12か月×35%≒102000円

b 年収が500万円の場合
500万円÷12か月×35%≒145,800円

年収と限度額を加味した時に、他のローンの返済額が多い場合は融資額が減らされてしまう可能性があります。例えば奨学金の支払いが毎月1万5千円x2人、車のローンが毎月2万円では、合計5万円の支払いとなります。

年収が350万円で毎月85000円の返済を考えている場合、他のローン返済5万円が大きいと判断され、融資内容の見直しとなることがあります。厳密にいえば、融資自体を断られることはありませんが、確実に返済できる金額まで融資をへらされる場合があります。

実際には住宅ローンに比べると、奨学金の返済年数は短く金額も少ないです。さらに融資絵限度額も40%までと高く設定している銀行もあり、銀行間で審査の“通りやすさ”が違うといわれるポイントでもあります。

銀行によっては奥さんの収入を合わせて申請できるプランもあります。夫350万円+妻150万円=500万円の収入があれば、奨学金と車のローンを返済中であっても、145800円までは融資してもらえるので余裕をもって借り入れることもできます。

スポンサーリンク

奨学金の返済は珍しいものではない

number-studens-using-loan
実際に奨学金を返済しながら、住宅ローンを組んでいる人はどれくらいいるのでしょう?

日本学生支援機構の「学生生活調査」(平成24年度)によると、奨学金を受給している学生の割合は、大学学部(昼間部)で52.5%、大学院修士課程で60.5%、大学院博士課程で66.2%となっています。

特に大学院生では6割以上と利用割合が高くなっており、大学院の費用まで親が全面的に負担しているケースは少ないようです。

mochiie

学生のうち2人に1人以上は奨学金を利用して勉強している計算ですね。しかし持家率はもっと高く、調査の始まった1978年以降、一貫して6割前後あります。

つまり学生時代に奨学金を利用していても、マイホームを手にしている人はたくさんいるのです。

滞納しているのですが・・・

“奨学金”という名前から、他のローンと違ったものという印象を持たれがちですが、金利の優遇などはされていても、ルールは一般のローンと同じです。

奨学金は「日本学生支援機構」によって管理されており、全国銀行個人信用情報センター(KSC)によって返済状況をチェックされています。KSCは携帯電話やクレジットカードの支払状況を監視している機関であり、つまり奨学金は銀行が商品としている「学生ローン」などと同等の扱いでチェックされています。

滞納をしてしまえばもちろん記録にのこってしまい、滞納期間が多いとブラックリストとしてマークされてしまいます。

ブラックリストの規程はクレジットカード等と同様で、3ヶ月以上連続で滞納した場合、個人信用情報に登録されます。そしてブラックリストの印章は返済完了から5年間記録がのこります。

奨学金でブラックリストにのってしまうとかなり厄介です。ルール自体は携帯電話やクレジットカードなどと同じですが、奨学金は返済額と期間が長い場合が多いです。

携帯であれば通常2年間で支払が完了し、5年のペナルティを受けても7年で記録は抹消されます。学生時代20歳で滞納してしまっても、きちんと返済すれば27歳にはお許しを受けることができるので、マイホームが欲しくなるころには問題にはなりません。

しかし奨学金は10年や15年と長期返済をとる場合が多いです。卒業後にすぐに職に付けなかったり、給料が安く返済を滞納してしまうケースが多いですが、22歳でブラックリストに入ってしまうと、返済完了となる32歳の5年後、37歳になるまでずっと滞納者の烙印がつきまとうことになるのです。(15年返済であれば42歳までかかります・・・!)

何千万円という巨額の融資となる住宅ローンは銀行側も慎重です。「滞納したことがある」という経歴が住宅ローンの審査に与える影響は大きく、ブラックリストに入っている期間はまず審査に通らないと覚悟しておきましょう。

奨学金返済中でも審査の通る銀行は?

前述したとおり、奨学金の返済中であっても審査が落ちるほどの影響はありません。きちんと返済できる範囲での借り入れであれば審査は問題なく通るでしょう。しかし、やはり審査の基準は銀行によってまちまちです。

ある銀行では融資額が減額されたが、こちらの銀行では満額回答もらえたというケースも少なくありません。

とはいえ住宅ローンの審査は一般的に1ヶ月~1ヶ月半ほどかかります。こどもの成長は待ってくれませんし、すぐにも買い手がつきそうな優良物件は、不動産屋もそんなに長くキープしておいてはくれません。

住宅ローン選びをスムーズに進められるよう、銀行ごとの審査の特徴を紹介します。

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。