住宅ローンは何歳までに借りるべき?

住宅ローンを借りる場合、若い方が良いの?

住宅ローン。お金が手元になくても夢のマイホーム購入をかなえる魔法の制度。住宅の購入は高額ですから、頭金の額の違いはあれど大抵の人は少なからず住宅ローンを組むことになります。はじめて住宅ローンを借りるという人であれば大体35年前後のローンが一般的ではないでしょうか?

それだけの長期に渡ってローンを払い続けるのはかなりしんどいですね。さて、今回はそんな長期に渡って支払う住宅ローンと年齢の関係を徹底解剖!一体、いつまでに住宅ローンを借りることがベストなのでしょうか?早速、見ていきましょう……。

まず、最初に気になるのが、家の購入時期です。収入面で安定してからと40代くらいで購入する人もいれば、なるべく早く返済してしまいたいので若いうちに買ってしまうというパターンもあります。一概に年齢で決められるものではありませんが、一定の収入があるのであれば若い方が有利であるとはいえるでしょう。

先ほども少し説明しましたが、住宅ローンは長期の支払いです。仮に40歳で35年ローンを組んだ場合、返済終了は75歳になります。

定年後は支払い能力が落ちますし、年金だけでは生活は不安定。返済終了時80歳未満であるという条件を、多くの金融機関が提示しているのはそのような理由があるのです。借金の返済という重荷を負ったまま残りの人生の大半を過ごすのは避けたいものです。

返済完了時期から逆算すると、30歳でローンを借り、65歳の定年前に支払いを終えられるような返済プランが最適でしょう。

年収の目安は400万円

若い世代のうちに住宅ローンを借りることが良いと述べました。とはいうものの、20代の前半のまだ社会に入りたての人間では難しいでしょう。住宅ローンの融資の条件には、【勤続年数】という項目があります。

住宅ローンを組む際、年収は最重要項目のひとつというのは確かです。しかし、一定以上の収入があれば住宅ローンを組めないということはありません。

銀行が住宅ローンの審査で最も重視しているポイントは「きちんと返済してくれるか」です。住宅ローンの審査のチェック項目には勤続年数があり、平均で1つの会社で3年以上働いている実績が必要です。つまり、1つの会社で仕事をしっかりと行い、安定した賃金を得ている、つまり安定して返済できるという証明が必要です。収入が低くても安定が保証される公務員は融資を受けやすい職業のひとつです。

日本人の平均年収(男性)は430万円です。年齢別で細かく見ると、30代前半で400万円。30代後半で500万円となります。住宅ローンを何年返済するかによって違いますが、仕事を覚え、企業の戦力になり始めた20代の後半から30代の前半が、住宅ローンを借りるひとつの目安でしょう。

住宅ローン審査でこの3点は最低限抑えておく必要があります。

  • 1つの会社に3年以上勤めている
  • 所得が400万円以上。返済期間中も安定した収入が見込める
  • 住宅ローン以外の支払いに、延滞がないこと

40代、50代では借りれないの?

年齢が高くなったら借りれないのか?そんなことはありません。40代の平均年収は500万円を超えるので、その分、短期で住宅ローンを借りることが可能です。つまり、年齢が上がった場合、返済期間を繰り上げればいいのです。

40歳で住宅ローンを借り、20年の返済計画を立てれば、定年前に返済を終えることができるので、金融機関でも住宅ローンの融資が可能になるでしょう。返済期間が短ければ、総返済額は下がりますから若いころからコツコツと返済するよりもお得なことも少なくありません。

40、50代であれば退職金の一部を住宅ローンの返済に充てることもできます。高齢(50歳が高齢かという問題はさておき)で住宅ローンを組む場合、ひたすら繰上返済をして、完済までの期間を短くすることを目指しましょう。

ようはキチンと返済できるかどうかに重要点が置かれているのです。つまり、理論上は70歳であっても、十分な収入と資産があれば住宅ローンを借りることができる可能性はあります!

スポンサーリンク

年齢の問題を解決する方法ってあるの?

高齢になるほど、やはり健康面に不安がでてきますので、住宅ローンの審査が厳しくなります。融資の条件となる保険の加入料が上がってしまうなど費用面での影響もあります。

その解決策として最近に注目されているのが「親子リレー返済」です。他にも「親子リレーローン」「二世代ローン」と呼ばれることもあります。このローンは親子間で住宅ローンの返済を共有します。

親子リレーローンにも条件はいくらかありますが、高齢の方が単独で住宅ローンを借りるよりも、はるかに条件が緩くなります。特に二世帯住宅を建てる場合によく利用されている住宅ローンプランです。

30代前半でコツコツ返済or40代半ばから一気に返済!

今回は住宅ローンを何歳までに借りるべきか徹底解剖しました。
一般的には若い世代が有利。住宅ローンを借りるタイミングで最も多いのが30代前半で早めに返済を始めるタイプと、収入が増え、頭金も多く準備ができる40代半ばの2つのタイプがあります。

しかし、年齢が高くても借りれないわけではありません。高収入を活かして上手に返済プランを立てれば、総返済額をかなり削減することもできます。金融機関によって、長期間の返済がお得に借りれる銀行や借り換えに強いプランをもっている銀行などそれぞれ特徴があるので、今の自分にもっとも最適な住宅ローンを比較検討することが大切です。

30代ならフラット35でコツコツ返済

30代で住宅ローンを借りる場合は、35年前後の長期間の返済になることでしょう。35年というと人生の半分近くです。このように長期の返済には、金利が変わらずに返済額が一定の固定金利を選ぶことが懸命でしょう。

変動金利の金利の低さは確かに魅力的です。しかし、住宅ローンを借りる人のほとんどの人が、契約時の収入に対してかなり背伸びした金額で借りる傾向にあります。人生で一度きりのマイホームの購入ですから妥協したくないというのは理解できます。

苦しい返済でも、なんとか今は返すことができるかもしれません。しかしもし、金利が上がってしまったらどうでしょう?借金の返済に頭を悩ます人生を送りたくはありませんよね。また、人生には3大資金というものがあります。

住宅ローン、教育費、老後費です。

何十年も先のことはあまりイメージができない人も多いでしょうが、たとえば教育費であれば、こども一人を大学卒業させるのに約1000万円かかります。小中学校は省略するとして、高校の教育費は年間、公立40万円、私立100万円します。

塾や部活動をふくめると高校3年間で、公立200万円、私立400万円ほどかかります。大学は公立・私立かかわらず年間150万円、4年間で600万円必要です。高校・大学と進学するのに約1000万円必要というわけです。

こどもが2人いればもちろん教育費は2倍になります。こどもが大きくなり教育費が増える時期に、住宅ローンの金利が上がってしまったらどうなるでしょうか?借金の返済のためにこどもに不自由をさせることになるのは心苦しいです。

固定金利は変動金利と比較すると金利が高いことは確かです。しかし、フラット35なら金利をかなり抑えることができます。

フラット35は国の運営する機関と銀行が共同で出資するサービスです。安かろう悪かろうではなく、フラット35は国の援助があるために金利が低いのです。通常の35年ローンでは3%近くするところ、フラット35であれば1.5%程度で借りることができます。オトクですね!

40代なら金利が安いネット銀行で短期返済

どんな種類のローンでも、借りる金額が多いほど、返済期間が長いほど、利子が高くなります。収入が上がり頭金を多く準備ができれば、総返済額をグッと下げることができます。

30代で借りる 40代で借りる
借入額 3000万円 2500万円
プラン 固定金利 変動金利
金利1 1.5% 0.8%
金利2 同上 1.0%
期間 35年 20年
毎月返済額1 91,855円 112,756円
毎月返済額2 同上 113,881円
総返済額 38,579,007円 27,196,488円

40代までに頭金500万円を準備して借り入れしたと想定します。返済完了は定年までを目標にするため、20年間で完済する計画です。

短期間で一気に返済する予定なので、金利の安い変動金利を利用します。10年後に125%金利が上がる想定で計算しています。毎月の返済額は2万円弱上がりますが、40代であれば収入も増えているので大丈夫でしょう。

総返済額ではじつに11,382,519円も節約することができます!頭金を増やす、返済期間を短くする、金利の安い変動金利にする、という3点で1000万円以上の節約ができます。

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。