不動産屋にすすめられた住宅ローンで借りるべき?

提携ローンは使ってはダメ!

住宅ローンどこで借りるのがBest?

住宅ローンは人生で1番のお買物。
これ以上の買物をする方はあんまりいませんね。

筆者は1億円の時計を見たことがありますが・・・
まぁ、そんな高額な時計を買う人は限られていますから、あんまり参考にはなりませんね。
さて、少し話がそれましたが、今回のテーマは住宅ローンを借りる銀行の決め方です。

住宅ローンというと、一般的には銀行や信用金庫から借りることになります。
しかし、どの銀行も住宅ローンは主力商品の1つですから、どこでも展開していますよね。
日本中に数多くある銀行。

その中からBestな銀行を選ぶのは難しいし面倒。
そんな時、言われるままに不動産会社が提案した銀行に流れていませんか?
今回はどの銀行が一番安いか?どんな銀行で借りるべきか?を調査します!

スポンサーリンク

提携ローンを利用すべき?

住宅ローンを借りるのはもちろん金融機関です。
つまり、銀行や信用金庫ということになります。

多くの場合、不動産屋は懇意にしている金融機関があるので、そちらを紹介することがあります。
紹介の方が色々と、手続きは楽でしょう。とんとん拍子に話が進むことも……。
でも、ちょっと待ってください!
本当にその選択で良いのでしょうか??

実はこんなデータがあります。
住宅ローンを借りるために、
「不動産会社に任せた」と言う人が6割を占めています。

おまかせなのでその金利が本当にお得なのか、
わからないまま借りてしまっているのです。
もしその金利が高くても気づかないまま・・・というのは怖いですね。

提携ローンの場合、営業マンからよく
「提携銀行さんなので、少し金利が優遇されます」と言われます。
実際に銀行の表示金利よりも少し低めで借りることができます。

しかしその基準金利がそもそも高いものなので、多少値引きされてもお得とは言えません。
自分で調べ、ネット銀行などを活用すれば提携ローンの優遇をはるかに超える
低金利で借りられます。

また、自ら情報を集めプランを決定する人は、後の満足度も高い傾向にあります。

自力で調べる方は、本やネット、あるいはテレビの情報、あらゆる角度から金融機関のサービスを
吟味します。そして、本当に自分に合ったサービスを展開し、それは自分のメリットになるのか?
そのようなことを細かく考えるのです。

対して業者からの仲介を受けた場合、そこまで執拗にリサーチはしません。
すると、契約後、「ここが違う!」「話が合わない」「損をした!」などの文句が出るのです。
これでは住宅ローンを気持ちよく返済できませんね。

人生最大の買い物となるマイホームで妥協はしたくないですよね。

どんな基準で選べばいいの?

不動産会社からの仲介を受ければ、金利の優遇や、各種手数料の割引など、
一応それなりの恩恵を受けることができますし、面倒なことが少ない場合が多いです。
提携ローンは、ローン審査がはやく、融通が聞くというメリットがあります。

ただ、やはり自分にあった金融機関を見つけるためには、自力で探すことがいいでしょう。
そんな時、どんな基準で金融機関を探したら良いのでしょうか?
まさか、目先の金利の安さだけで決めるわけありませんよね。

金利も確かに重要ですが、それ以外にもポイントはあります。
 
自分で探す場合、どんなメリットがあるのでしょうか?
まずはこちらをご覧ください!!

◎自分に合った銀行を選べる
◎自分の給与振込口座など、取引のある金融機関を選べる
◎ホームページ上で軽くリサーチし、その後窓口で話を聞くことができる

大きなメリットはこれら3つではないでしょうか?
次の項目では、アナタに合った銀行の調べ方を教えます♪

銀行選びのポイントってどんなところ!?

さて、では自分で探す場合のポイントをご紹介しましょう。
大きなポイントは3つあります

<Point1>実際の金利は直接聞く!

実はネット上で出ている金利がすべてと言うわけではないのです。
あくまで指標であると考えた方がBetter。
基本的に最安の金利が表示されていることが多く、各種条件をすべて満たして
その金利になるというケースがほとんど。

実際には、銀行の窓口へ行き、話を聞くことがオススメです。
ホームページ上の金利に惑わされないようにしましょう。

<Point2>ATMの場所、実際の店舗が近くにあるか?

金利が安いネットバンクはネット上で手続きができますが、
窓口がないため、トラブルがあったときに色々面倒です。

何か合った場合、ご自分の住まわれている地域にある銀行であれば、すぐに相談することができます。
窓口が近くにあるということは、ローンを返済する上で非常に重要!
また、ATMの場所も調べておきましょう。返済が楽になります。

<Point3>やはり相談は対面の方が◎!

今流行のネットバンク。
金利の安さが魅力です。
最近は日銀の金融緩和政策により、金利が非常に安く、
店舗を持たないネットバンクはその分のコストを金利に還元することができます。

でも、住宅ローンの手続きは面倒。
できることならば、プロに相談しながら行うことがGood!!
安心にも繋がります。

基本的に、契約書類は10種類以上に渡ります。
それだけ膨大な量の契約書とたった一人で格闘するのは面倒ですね!!
是非、プロの力を借りましょう!!

まとめ

今回は住宅ローンは自分で借りるのがBestなのか?
こちらに焦点をあてて、リサーチしました。
結論としては、不動産業者に言われるまま、金融機関を選ぶよりも、
自分で探したほうが良い場合が多いです。

今回の記事を参考にし、是非、金融機関選びに役立ててください!!
きっと、よりよい住宅ローンを借りることができるでしょう♪
 

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。