転職したばかりでも住宅ローンは借りれるの?

faq_main

住宅ローンの審査って具体的などんなものなの?

住宅ローンって結構大変です。長期に渡って返済するものですから、当然金融機関の審査もしっかりしています。

実は、住宅ローンの支払いで毎年5万人近い方が破産状態を迎えているんです。これって結構凄いことですよね。せっかく憧れのマイホームを建てたのに、あっさりと家を手放したら本末転倒!

残されたのは借金だけ、自己破産を申請する場合もありますが、そうなったら二度と家を購入することは難しいでしょう~。

さて、今回はそんな住宅ローンについてのお話です。借入の際、色々な条件がありますが、その時、転職について審査されることを知っていますか?住宅ローンと転職。その秘密に迫ります!

昔の住宅ローンというと、やはり公務員や正社員がメイン。それ以外のフリーランスや自営業、アルバイターなどには敷居が高い仕組みでした。

現在は生き方が多用し、正社員=安泰という牙城が崩れているので、金融機関も大分柔軟になっています。とはいえ、やはり、正社員や公務員と立場が、住宅ローンを借りる上で有利であることは否めません。さて、そんな住宅ローン、貸す側の金融機関はどのようなことを考えているのでしょうか?

一般的に融資の条件として勤続年数を定めています。最低でも3年以上の積み重ねがないと、一発で住宅ローンを借りることは難しいでしょう。つまり、勤続年数が消えてしまう、転職直後のタイミングは、住宅ローンを借りることできない可能性も……。

転職したばかりは、色々と不利なことが多いみたいですね。ですが、一概には言えません。転職したばかりでも、総合的な支払い能力に問題がないなれば、融資を受けることがOKになります!

転職直後でもOK?4つの条件とは?

民間の金融機関の95.9%が勤続年数を、1つの尺度にし、住宅ローンの借入の審査をしています。前項でも説明したとおり、一般的には勤続年数が3年ほどないと融資の見込みはありません。しかし、下記の場合は融資OKとなる場合があるので、是非、基準としてみてください!

  • 同一の業界へ転職し、年収がUPした場合
  • 転職先の企業の財務関係が問題ない場合
  • 職種が同じで、明らかなキャリアUPが見込め、転職に一貫性場ある場合
  • 会社からの要請での関連会社への転職の場合

主にこの4つの場合は、転職直後であっても、勤続年数に係らず融資を受けることが可能のようです。

無作為に転職をするのではなく、自分にとってしっかりとキャリアUPすることができる環境を選びが肝!やはり、自分の培ってきた経験を活かし、転職することがBetterのようですね。

スポンサーリンク

だけど、こんな場合はNG!

自分にとって、有意義な転職をしたつもりでも、審査に通らない場合もあります。その多くは、転職が問題になっているというよりも、別の要因が潜んでます。

特に多いのが、キャッシングや自動車ローンなどの借入が多いこと。つまり、住宅ローン以外にも借入があると、審査に通りにくいのです。よって、返済できるローンはさっさと返済し、キレイな状態で、住宅ローンを借りることが必須。

転職したばかり、あるいは、他にもローンがあるという場合は要注意になるということです。

キャリアUPの場合は、転職後半年でも融資OK!

これは技術職に多いのですが、明らかなキャリアUPが見られる場合、

  • 転職先の規模が大きい
  • 賃金が明らかにUPした場合

このような条件が重なると、金融機関が見ている「勤続年数」の範囲を超えて、融資が受けられます。金融機関は勤続年数を1つの尺度として、「本当にしっかりと返済してくれる人」なのかをみています。

つまり――。

  • 転職の理由がハッキリしている
  • 今後の収入が高く、安定している

住宅ローンの審査は基準はありますが、最終的にGOサインを出すのは人間です。銀行が一番重視しているのは「安定した収入=返済能力」です。転職はこの「安定」を揺るがすことになってしまうため、住宅ローン審査では転職によるメリットを明確に説明できなければマイナスポイントとなってしまいます。

住宅ローンを借りた後の転職はOKなの?

これまでの条件を鑑みると、よほどプラスの環境の変化でない限り、転職直後の住宅ローンの借入は難しいケースが多いです。よって、転職前に住宅ローンを借りることがオススメになります。

でも、住宅ローンを借りてすぐに、転職してもOKなのでしょうか?答えはOK!です。・・・が、金融機関にキチンと連絡しましょう。インターネット上では一括での支払いを求められるかも・・・という噂もありますが、特にそのようなことはありません。

この不景気ですから、返済中に転職する可能性があっても不思議ではありません。但し、銀行側と有効な関係を結んでおくためにも、転職の事実は話して起きましょう今後、相談をすることになった際にも、スムーズに話を進めることができます!

まとめ

今回は住宅ローンと転職についてを見てきました。金融機関はアナタの支払い能力を見ています。その1つの基準が「勤続年数」ですから、闇雲に転職を繰り返すよりも、1つの会社で勤め上げることが有利に働くケースが多いです。

転職も1つの就業の選択ですが、しっかりと計画性を持った行いが、金融機関との関係を友好にします。是非、今回の記事を参考にしてみてください!

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。