住宅ローン借り換え審査は病気でも通る?

借り換え審査の健康チェック

住宅ローンを様々な事情で「借り換えたい」という人もいると思います。住宅ローンを借り換える際は、新規に住宅ローンを組むのと同様に一から金融機関の審査を受けることになります。つまり、年収や健康状態、住宅の担保価値などが審査されます。年収や住宅の担保価値などは今まで住宅ローンを組んで支払えていたというケースが多いと思いますので、借り換える際にこちらが躊躇するというケースは少ないと思います。

健康事情というのはネックになるという人もいるかもしれません。住宅ローンを組み始めた時には健康で審査が通っても、時が経過して借り換えの時には何らかの病気を抱えてしまい住宅ローンを断られたというケースもあるのです。しかし、金融機関やケースによっては借り換えが可能だというケースもあるので一概にイエスノーと決め付ける事も出来ません。

ここでは住宅ローンの借り換えと病気について見てみたいと思います。

スポンサーリンク


なぜ病気だと住宅ローンが組みづらいのか

新規であれ、借り換えであれ、住宅ローンを組む際にどの金融機関においても必ずと言っていいほど「健康状態」というものを審査されると思います。というのも多額のローンを貸す以上、金融機関としては滞りなく返済してもらわないと困るのです。そのローンを返済するという前提条件としては「健康」でいて働いてもらい安定的な収入がないといけないわけです。

なので「健康状態」というものは大変重要視されるものです。しかし、ローンを組んでいる最中にいつ病気になり返済が出来なくなるという事態になるかは誰にも分りません。そうした事態になった際に住宅ローンの返済を保証するという「保険」いくつか存在します。その代表例として「団体信用生命保険」通常は「団信」と呼ばれているものがあります。多くの金融機関で住宅ローンプランにこの「団信」の加入が義務付けられています。団信への加入は健康であること、高齢でないことなど様々な条件があります。

しかし、通常の団信は「死亡」ないしは「高度な障害」を伴って返済が困難になった場合「のみ」適用されますので、病気やケガにより加療中で返済ができないというケースには適用されません。それでは困るという人も多いので、現在多くの金融機関で特定の疾病保障のついた団信も存在します。その疾病とは「がん」や「脳卒中」、「心筋梗塞」が代表例です。さらには「高血圧性疾患」、「糖尿病」、「肝硬変」、「慢性腎不全」といったものにまで適用される保険もあります。

いずれにしてもこれらの疾病に罹り、所定の日数就業できなかったなどで住宅ローンの返済が滞った場合、住宅ローンの保証がなされます。保証の内容や加入料は金融機関により様々です。もちろん、金融機関としても通常の団信同様にこうしたケースは出来るだけ避けたいものです。なので、疾病保障のついたプランを考える際にもなにより「健康」であることが一番重要視されます。既にこれらの持病を抱えているというケースでは、疾病保障のついた団信への加入は厳しいのが一般的です。

このように新規および借り換えにおいては「健康である」というのは非常に大切であるのです。

病気で住宅ローンを借り換えたい場合

では「病気」にかかってしまった場合住宅ローンの借り換えは出来ないものなのでしょうか。これに対する答えは冒頭でも触れたとおり一概にイエスノーと決め付けることは出来ません。

例えば同じ「胃がん」と診断されてもごく初期のものから悪性度の高いものまであるように、各ケースによって判断されるものだからです。ガンで入院し長期間加療が必要な場合は住宅ローンの支払いが困難になると判断されがちで、借り換えの際にネックになる可能性が高いです。金融機関としては、最悪「死亡」という事態にも考えが及ぶ事もあります。逆に適切な処置を行われ、一定の期間ガンの再発などが見られないあるいは寛解したと言う場合は、健康面で問題なしとされる可能性は相対的に高いです。

いずれにしましても、借り換えの際には医師による診断書の提出が求められますので、一度相談してみるとよいです。もし、病気で借り換えが困難になるかもしれないと思ったときは、ローンを妻の名義で契約するという方法があります。ただし、これには妻にも安定的な収入があるという前提が必要なので、家庭環境によっては難しい場合もあるでしょう。

このように借り換えを考えるのであれば、病気のない健康なうちに考えておくのが望ましいです。

まとめ

住宅ローンの借り換え。おそらくその動機は金利が下がり、借り換えると支払い総額が下がる可能性があると判断したからでしょう。しかし、病気がネックでできなかった・・・と思ってもガッカリするのはまだ早いです。いわゆる「繰り上げ返済」を行えば、余計な利息分を支払うことなく既存の住宅ローンの負担が軽減できる可能性があります。

ただ、住宅ローンを考えるだけでなく、円満な日常生活を送る上では「健康」である事は非常に大切です。「健康は富にまさる」という格言は常日頃から考えておいてください。

長期返済ならフラット35

新しくマイホームを購入する人、固定金利で借り換えたいという方は、長期固定金利が安く借りられるフラット35がお勧めです。

目安として、20年以上の返済期間になる方は固定金利がおすすめです。

通常の住宅ローンの固定金利と比較すると、0.3~0.7%も金利が違います。固定金利は借りた際の金利がずっと続くため「いつ借りるか」が非常に大切です。マイナス金利の影響で、住宅ローン金利が下がっている今は、フラット35の借り入れがしやすい時期になっています!

ただし、フラット35では団信は任意加入のため、団信を利用する際は0.3%の金利上乗せとなります。八大疾病団信をつけるとさらに0.3%追加と、通常プランと変わらなくなってしまうこともあります。金利はもちろん、保証料、保険料、事務手数料などの総返済額でプランを決めましょう。

kinri-schedule

住宅ローンの金利の適用は、契約時ではなく融資が行われた月の金利です。上の図の場合、申し込みは1月にしていますが、融資が行われたのは2月なので、2月の金利が適用されます。住宅ローンは申し込み手続きや審査などで1ヶ月くらいはかかります。申し込みと手続きをできるだけ早く進めておきましょう!

フラット35おすすめBEST3!

aruhi_logo

15~20年 1.03 %
21~35年 0.99 %
事務手数料 借入額x1.08%

ARUHIはフラット35専門取扱い銀行として、全国シェアNO.1の銀行です。フラット35業界の中でもっとも古くから取り扱っていることから、確かなノウハウと充実したサポートが期待できます。10割融資やフラット50といった他の銀行ではないプランもあるため、状況に合わせた最適なプランを選択できます。

特に、自己資金が20%以上のユーザーは金利が0.1%安くなり、国内のフラット35では最も安く借りれるプランです!

またARUHIは手続きが非常に速いことでも有名で、仮審査は最短で当日、本審査も最短3日と圧倒的です。フラット35の借り入れを検討している方であればまず申込みしておくべき銀行のひとつでしょう。

  • フラット35シェアNO.1の人気と低金利
  • 豊富なプランとノウハウで安心のサポート
  • 本審査が最短3日!圧倒的スピード手続き

ARUHIフラット35公式HP

rakuten_logo

15~20年 1.03 %
21~35年 1.09 %
事務手数料 借入額x1.08%
借入額x0.756%(借り換え)

amazonと並ぶ日本最大のネット通販を運営する楽天が提供する住宅ローンです。ネット通販の価格の安さを住宅ローンにも持ち込み、業界最安金利で住宅ローンを借りれます。

楽天銀行は手数料が一番安いのもおすすめのポイントです!フラット35の借り換えを検討している人には最適な銀行でしょう。

さらに、契約後は楽天での買い物に追加ポイントがもらえたり、サービス優待がもらえるなど、他の銀行にはない特典がつきます。

  • ネット銀行ならではの低金利
  • 手数料が他銀行と比較して格段に安い
  • 楽天ポイントアップや楽天グループのサービスで優待が受けられる特典が豊富

楽天銀行フラット35公式HP

sbi_logo

15~20年 1.03 %
21~35年 1.09 %
事務手数料 借入額x1.08%※2

住宅ローン業界で人気NO.1の住信SBIネット銀行が、新たにフラット35の提供を開始しました。ネット銀行というと、手続きが難しくて敷居が高い、名前の聞いたことのない銀行で不安だという印象もありますが、住友グループをバックボーンとする住信SBIネット銀行であれば安心です。

フラット35取扱い銀行の中でもっとも金利が安い住宅ローンプランであり、新規・借り換えともにおすすめです!

  • フラット35取扱い銀行の中でもっとも金利が安い
  • 住友グループのバックアップがあり借り入れが安心
  • 通常プラン・フラット35ともに住宅ローン業界人気NO.1

住信SBIネット銀行銀行フラット35公式HP

短期返済・借り換えなら変動金利

変動金利は金利が安いのが魅力ですが、金利が上昇し、返済額が増えるリスクがあります。短期間で返済するという人や、借入金額が少ない借り換えの方であれば、金利の安い変動金利を利用して、お得に返済しましょう。目安として、20年以内に返済できる方は変動金利がおすすめです。

三菱東京UFJ銀行の変動金利の変動金利のように金利に幅のある銀行や、3年固定、5年固定、10年固定のような短期間の固定金利は避けましょう。固定期間が終了すると、通常の金利よりも割高な金利が適用されます。

変動金利を借りるなら、金利が安くサービスの充実しているネット銀行がおすすめです。

変動金利おすすめBEST3!

sbi_logo

変動金利 0.444 %
10年固定 0.66 %
事務手数料 借入額x2.16%

「金利の安さ」で人気が広がるネット銀行のなかでも特に注目されているのが住信SBIネット銀行です。最大の魅力は業界で1位・2位を争う金利の低さです。短期間で一気に返済するという人や、借り換えの人におすすめです。

また住信SBIネット銀行のもうひとつの強みは「8疾病保障付団信が無料」です。住宅ローンの借り入れに必須の団信は総額170万円相当になりますが、住信SBIネット銀行であれば無料で利用できます。

  • 業界1位の低金利!
  • 170万円相当の8疾病保障付団信が無料!
  • 来店相談も可能。ネット銀行でも借り入れが安心。

住信SBIネット銀行銀行公式HP

【来店相談】
やはり住宅ローンは相談しながらじっくり決めたいという方は、お店で担当者と個別相談にのってもらうことができます。

新宿 秋葉原 大阪
名古屋 浜松 福岡

個別相談の申し込みはこちら

じぶん銀行

変動金利 0.497 %
10年固定 0.58 %
事務手数料 借入額x2.16%

じぶん銀行は、三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同で融資する、ネット銀行です。変動金利が業界トップの安さで、借り換えユーザーに人気の住宅ローンです。

さらに、がんと診断された時点で残ローンが半分になるがん1/2保障が無料でついてきます。住信SBIネット銀行の八疾病保障は対象が幅広いものの、適用条件が「就業不能状態」と非常にハードルが高いというデメリットがあります。一方でじぶん銀行のがん保障は「診断時」に即座に適用されます。

また、じぶん銀行は完全ネット完結型の住宅ローンで、契約書の捺印や郵送などの手間が一切ありません。手間の省略に加えて、収入印紙2万円なども節約できるのでとても嬉しいです。

  • 変動金利が業界最安値
  • がん1/2保障が無料
  • 完全ネット完結型!収入印紙2万円の節約も

じぶん銀行公式HP

イオン銀行

変動金利 0.57 %
10年固定 0.69 %
事務手数料 借入額x2.16%

イオン銀行は、変動金利がとても安く借りられ、借り換えにおすすめの住宅ローンです。イオン銀行で住宅ローンを借りると、イオンカードがゴールドカードに昇格され、イオンでのお買い物が5%OFFになります。また旅行傷害保険の無料付与、全国のイオンラウンジの利用権が得られるという特典もつきます。

イオンでお買い物を良くされる方なら、生活費を抑えられるため、他の住宅ローンよりもかなりお得になります。核店舗にイオン銀行の店舗があり、相談やATM利用がしやすいのも嬉しいです。

  • 金利が低く、借り換えに最適
  • イオンのお買い物が5%OFF
  • 支店やATMが多くて便利

イオン銀行公式HP

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。