ローン繰り上げ返済の順番で6万円も差がでる!?

繰り上げ返済の順番で効果がかわる!?

住宅ローンと他ローンの繰上げ返済の順番

人生にはローンはつきもの。住宅、車、ショッピングなどで色々ローンを組んでいる人はたくさんいると思います。さて、もしボーナス、宝くじ、親からの相続などから100万円の臨時収入が入ってきたらアナタはどうしますか?その100万円を繰り上げ返済することにしたとしたら、どのローンに充てるのが一番お得になるかを、比較シュミレーションしてみます!

ローンの返済方法には『返済額軽減型』と『期間短縮型』があります。

スポンサーリンク

『返済額軽減型』

『返済額軽減型』とはローンを繰上げ返済する際に、返済期間はそのままで、月々の返済額を減らしていく返済方法です。『返済額軽減型』 は将来の子供の教育費などに備えるために、家計のキャッシュフローを調節したい人や現在、毎回の返済額が負担となっている人、今は共働きで二人分に収入があるけど、子供が生まれたのを機に奥さんが仕事を辞める予定の人、さらに借換えに備えて、期間は短縮したくない人などに向いています。

・毎月の出費を抑えたい

『期間短縮型』

『期間短縮型』とはローンを繰上げ返済する際に、は毎月返済額(ボーナス加算額を含む)は現在のまま変わりませんがそのぶん返済期間を短くする返済方法です。返済期間が短くなることでその分利子も減るので、お得になります。

・総返済額を効率的に減らしたい
・ローンの早期完済を目指す

ローン返済の順番は金利順?期間順?

各ローンの金額と長さ、金利を下記のように仮定します。

借入金額 期間 金利(%)
住宅ローン 2000万 30年 1.5%
自動車ローン 300万 10年 5.0%
カードローン 300万 5年 10.0%

ローンの返済方法は元利均等とし、返済開始から1年後に100万円の繰り上げ返済をします。
では実際にシュミレーションしてみましょう

『返済額軽減型』のケース

種別 利息軽減額
住宅ローン 234,008円
自動車ローン 243,836円
カードローン 217,424円

《結果》
意外?なことに、軽減額は大きい順に、自動車ローン>住宅ローン>カードローンとなりました。
3つのローンの中で一番高く年利10.0%に設定したカードローンから返済した方がおとくと予想しましたが、結果は自動車ローンの繰り上げ返済が一番効率がよいことがわかりました。総返済額の大きな住宅ローンでも、金利の高いカードローンでもない自動車ローンから返済した方がお得というのは意外な結果でした。

『期間短縮型』のケース

種別 短縮期間 利息軽減額
住宅ローン 1年10ヶ月 522,359
自動車ローン 3年8ヶ月 421,557円
カードローン 1年9ヶ月 360,805円

《結果》
『返済額軽減型』とは違い、軽減額は大きい順に住宅ローン>自動車ローン>カードローンとなりました。『期間短縮型』では住宅ローンを一番先に繰上げ返済するのが一番お得だとわかりました。また、同じ住宅ローンでも『期間短縮型』のほうが『返済額軽減型』よりも288,351円お得です。

住宅ローン繰り上げ返済をする際にもう一つ重要なポイントとして、返済方法が元利均等か元金均等かで結果は少し違ってきます。

【元利均等返済】
元利金等返済とは毎回の返済額となる元金と利息の合計が、期間終了まで均等となる利息の算出方式のことです。毎回の返済額が一定であるため、無理の無い返済が出来るのが特徴。元金均等返済と比較すると返済総額が増えてしまいます。

【元金均等返済】
元利金等返済とは毎回の返済額が元金を均等割にした額と利息の合計となる利息の算出方式です。
始めは返済額は多いのですが、元金が減っていくことで利息分が安くなっていき返済額が減少していきます。元利均等返済と比較すると返済総額は安くなります。

ここでは、元利均等と全てのローンを元利均等としましたが、ご自分で詳しいシュミレーションをする場合は、ローンの借入額、返済方法、返済期間、金利タイプ、当初金利、第二金利、繰上げ後の返済方法など入力項目よく調べたうえで比較検討しましょう。

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。