住宅ローン保証人と連帯保証人の違い

faq_main

保証人・連帯保証人とは

住宅ローンを組む際、よく聞くのは保証人や連帯保証人です。
とはいうものの、一般的に『借金の保証人にはなるな!』これが定説となっています。
いくら仲がいい友人関係、あるいは家族であっても、借金が原因で関係がバラバラになることも・・・。

住宅の購入は人生で1番のお買物です。
事前にしっかりと準備をし、万全の対策をとって購入しましょう。
さて、今回は住宅ローンではよく耳にする、

【保証人】【連帯保証人】

この2つを徹底分析。
一体どのような仕組みなのでしょうか??

スポンサーリンク

そもそも保証人って何なの?

保証人……。なんだか嫌な言葉です。
不安をあおるような響きがありますね。

民法において、保証人とは
『主たる債務者がその債務を履行しない場合にその履行をなす債務を負う者をいう』
とあります。

つまり、お金を借りた人が何らかの原因で借金を返せなくなったとき、
その代わりに、保証人がお金を返さなければならないのです。
これは困りますね。ですから安易に保証人になるべきではありません。

保証人になるな? でもそれなら住宅ローンを借りることができなくなるんじゃないの?

現在、住宅をローンで借りる場合、保証人の存在が必要になる、と思われがちですが、
一概にそうは言えないのです。
住宅ローンを取り巻く環境は日々変わっています。

一般的に住宅ローンは数千万円の借入を行います。
ですから、誰かに保証人なってもらう必要が出てくるのはいたし方のないこと。
けれど、誰でもいいわけではありません。

金融機関は何千万円ものお金を貸すのですから、返済能力のある保証人を求めます。
そのため、住宅ローンを借りる場合、多くは保証人の役目をしてくれる保証会社に依頼することになるです。

但し、保証をしてもらう代わりに、保証料を支払う必要が出てきます。
住宅ローンにはそれだけたくさんのつながりと、費用がかかってくるのです。
 
しかし、最近では保証人が不要の住宅ローンが増えています。
その筆頭は【フラット35!】
民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して実現した最長35年の固定金利の住宅ローンです。

その他にも、新生銀行ソニー銀行など、ネットバングを中心に、
保証人不要の住宅ローンが増えています。

どうして保証人がいる住宅ローンといらない住宅ローンがあるの?

友人や家族を保証人に指定する必要がないため、ほっと一安心
というわけには行きません。
保証会社に保証をお願いするためには、別途費用がかかります。

一般的には1000万円当たり、15万円の費用です。
15万円で済むなら……。
と、安易に考えてはなりません。

決して住宅ローンを払えなくなったからといって借金が消えるわけではありません。
支払えなくなったローンは保証会社が支払ってくれますが、
今度はその分を保証会社に支払っていく必要があるのです。注意が必要ですよ!

では、保証が必要ない住宅ローンとはどのような仕組みなのでしょうか?
保証人を立てる必要がないローンであれば、その分費用が浮く!と考えてしまいがちですが、
実は違うんです。

保証料がなくても、事務手数料が高く、結局保証料と同じくらいの費用になったり、
結局は初期費用が同じになることが多いです。
この辺りの仕組みも事前に把握しておかないと、総合的な返済額が高くなる可能性もアリ・・・!

では、連帯保証人って何なの?

保証人と同じようで違う、それが【連帯保証人】です。
まずは、【保証人】と【連帯保証人】の2つの違いをみていきましょう。

一般的にどちらも借金をした本人に代わり、借金を支払っていくことには違いがありません
ですが、保証人の場合、借金をした本人に返済能力がある限り、
取立ては本人が優先されるのです。その間は、返済を拒否することが可能になります。

但し、連帯保証人の場合、借金をした本人に支払い能力があろうとなかろうと取立てができるんです。
貸す側としては、連帯保証人の方がありがたいですね。
債権を回収しやすくなるので、多くの金融機関は【保証人】ではなく【連帯保証人】を
つけることを絶対条件にしている場合が多いのです

誰が連帯保証人になるの?

多くの場合、夫が借金を借りる本人。そして妻が連帯保証人なるというパターンです。
特に、夫婦の収入の合算で住宅ローンを借りる場合、このようなケースがほとんど。

連帯保証人は前項でも説明したとおり、借りた本人の支払い能力の有無に関わらず、
支払いを強制的に行うことになるのです。

メリットとしては夫の収入だけでは融資が足らない場合などは
妻が連帯保証人になることで、二人の収入を合算でき、
さらに住宅ローン控除の対象にもなるためよく利用されます

しかし連帯保証で住宅ローンを借りる場合は、リスクが増すため、
妻は生命保険に別途入るなどの、策を立てる必要があります。

まとめ

今回は住宅ローンにおける【保証人】と【連帯保証人】について徹底解剖。
その全貌に迫りました。
やはり、多額の借金をするわけですから、しっかりとした対策をとり、保証人を決めましょう

今回の記事を参考にし、是非、住宅ローンの借り入れに役立ててください。

連帯債務で融資を増やす方法はこちらの記事をお読みください!
「連帯保証人・債務者で借りるならフラット35」

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。