住宅ローン控除をうけるための年末調整

年末調整の仕方を解説

年末調整とは

年末調整というとなんだか面倒なイメージはありますよね
でも、一般的な社会人であれば、
大抵は会社の経理の方がやってくれるので、あまり気にしないかもしれません。

ですが、住宅ローンを組むと、年末調整に影響が出るということをご存知ですか?
今回はそんな【住宅ローンと年末調整】ついてみていきたいと思います

スポンサーリンク

年末調整なんてしたことないけど・・・

納税と言うのは国民の義務ですね。
皆さんキチンと税金を支払っています。
そのお金が国のために使われることになるのです。

よく血税と表現されますが、私たちの血と汗の結晶ですから、
政府にも有意義な税金の使い方をしてほしいものです。

私たちは、1年間の自分の所得で税金を支払わなければなりません。
本来は税務署へ行き、個人的に申告するのですが、
そんなことをしたら、税務署は混雑でパニックになるでしょう。

大抵は【年末調整】といって会社の経理担当の方がやってくださいます。
だから、一般職の方は通常、確定申告をしなくてもいいのです

住宅ローン控除を知っていますか?

しかし、住宅ローンを借りた場合は違います。
年末調整をした場合、所得税の納税とは別に納めすぎた税金を還付することが可能です。
特にこの時期は、どれくらい戻ってくるだろうと、ウキウキされる方も多いはず!

これを一般的には【還付申告】と言います。
そして、この還付申告に密接な繋がりがあるのが、【住宅ローン控除】というシステムです。
住宅ローンを借りている方、あるいは借りる予定のある方なら、当然のその名前を知っているはず。

財務省によると、住宅ローン控除とは、住宅ローンを利用してマイホームの取得をした場合、
一定の要件を満たす時は、その取得に係る住宅ローンの年末残高から計算した金額を、
所得税額から控除することができる。という仕組みです。

簡単に言えば、住宅ローンを借りると、所得税額から控除を受けることができるんです。
ローン残高の1%が戻ってきます。但し、10年のみになりますが・・・。
でも、控除を受けるのは嬉しい制度。要件を満たす場合は是非利用しましょう!

住宅ローン控除を受ける場合、最初の1年は自分で確定申告を・・・

住宅ローン控除を受ける場合、初年度のみ自身で確定申告をする必要があります。
基本的には2月16日~3月16日までの1ヶ月の間に行います。
場所は、お住まいの管轄の税務署です。

手続きは税務署の窓口だけではなく、
郵送やインターネットでも可能ですので、事前に準備しましょう。

初めての確定申告の場合、分からないことが多く、混乱することも多いともいます。
しかし、企業のサラリーマンであれば、面倒な手続きは1年目だけ。
それも、税金が戻ってくるのですから、我慢してしっかり行いましょう!。

2年目以降はどうなるの?

さて、無事初年度の確定申告を終え、納めすぎた税金が戻ってきたとしましょう。
翌年度からはどうするべきなのでしょうか?

答えは単純!
1度確定申告をしてしまえば、翌年からは年末調整の対象者になるんです。
ですから、自分で面倒な手続きを行う必要はありません。

確定申告を終えた翌年移行は、税務署から年末調整の書類
一般的には、【年末調整のための住宅借入金等控除証明書】という書類が送られていきます。
この用紙と、ローンを組んだ金融機関から送られてくる【残高証明書】を会社に提出します。

2年目以降の年末調整はコレだけでOK
但し、注意する点もあります。
実は、税務署から送られてくる【年末調整のための住宅借入金等控除証明書】は、
今後使用する9年分(住宅ローン控除は10年しか対応しません)がまとめて送られてくるのです。

なくすことのないように、しっかりと保存をしておきましょう……。
尚、金融機関から書類は毎年送られてくるので、ご安心を!!

どうやって書けばいいの?

<用意する書類>
○給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書
○年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書
 →(この2つの書類は税務署から送られてきます)

○住宅取得資金に係る借入金の年末調整残高証明書
 →(住宅ローンを借りた金融機関から送られてきます)

書き方はそれほど難しくはありません。
各金融機関、税務署から送付された書類に金額を明記するだけで完成します。
保険料の控除申告書と似たようなものです。

記載する書類は3種類ですが、年の途中に入社した方の場合、前職の源泉徴収票が必要!!
これは事前に取得して置いてください。

まとめ

今回は住宅ローンの年末調整について解説してきました。
意外と面倒に見える年末調整でも、やり方さえ覚えれば難しくはありません。
書類の作成も送られてきた金額を、書き込むだけで終わります。

出来上がった書類は、会社の経理に提出し、それで年末調整は終わりです。
住宅ローン控除を受ける場合は、最初に1年目が面倒なだけで、2年目以降はスムーズ。
是非、今回の記事を参考にしてみてください!!

 

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。