一生賃貸でも本当に良い?マイホーム・持ち家を買うべき理由

「家が欲しいな」と思うのはどんなときでしょうか?

家族が増えて、家が狭いなと感じた人。資産をもちたいと思った人。退職後や老後の安心も動機のひとつかもしれません。

自分にはまだ早いかもしれない。住宅ローンを返していけるのか不安がある。一生賃貸でも変わらないのでは?災害のリスクを考えると一歩踏み出せない…様々な思いがあるかと思います。

でも、「持ち家がほしい」と思った今が買いどきです!

持ち家を買うタイミング

人生には様々な転機があります。学生時代であれば、受験や入学などが大きな人生の転換点でしょう。

また、社会に出てからも、仕事や結婚、出産など大きなイベントが多数待ち受けています。マイホームの購入もそのひとつでしょう。

社会に出てからは学生と違い、人生の選択を自らしなければなりません。望まなければ、結婚をしないことを選ぶ方もいますし、定職に付かずに自由に生きるのもひとつの人生です。

マイホームの購入も同じです。誰かに強制されて購入することはありません。持ち家の夢を叶えるためには、大きな決断力が必要になるでしょう。

  • ローン返済能力が無ければ考えもしない
  • 家賃返済とローン返済は同額!
  • 最難関は住宅ローン審査
スポンサーリンク


ローン返済能力が無ければ考えもしない

家を買いたいという願いを持っている方は、その時点ですでに大きな壁をひとつ乗り越えていると考えても良いでしょう。

マイホームの購入は、人生で最大のお買い物のひとつです。

そもそも、貯金が無かったり、収入に不安がありギリギリの生活をしている方は、家を買いたいと思うこともありません。目の前の生活に精一杯であれば、数千万円のお買い物をしようとは考えもしないでしょう。

持ち家が欲しいなという希望を持ち、情報収集のために当サイトに訪れ、具体的な行動を取っている時点で第一条件はクリアしていると言っても良いでしょう。

あなたはもう既に、頭のなかではある程度、マイホームの購入の目安はできているのではないでしょうか?自信をもって、行動しましょう!

  • 購入能力は十分にある
  • 情報収集に動いている
  • 自信を持とう!

家賃返済とローン返済は同額!

そんな精神論で、高額な住宅ローンを組んでしまっても良いとは思えないかもしれません。

それでは、少し具体的な話をしましょう。マイホームの購入で最も心配なことは、住宅ローンの返済ではないでしょうか?

自分の収入で、何千万円ものローンを返していけるのだろうか、と不安に思う方も多いでしょう。

実は、住宅ローンの返済額は家賃と同額なんです!

もちろん、お城のような豪邸を建てればローン返済額もうなぎ登りになるでしょう。ですが、そもそも身の丈にあっていない金額を、銀行が貸してくれることはありません。

タワーマンションに住みたいから1億円のローンを組もう、という購入物件ベースでローンを組むことはしません。

住宅ローンの借入時には、現在のお住いの家賃などと比較しながら、毎月の返済額を決め、逆算していくらお金を借りるか決めます。

毎月8万円くらいまでなら返すことが出来る、定年退職まで30年あるから最大30年ローンにしよう、とローンの返済計画を立てます。すると銀行から、このプランなら2500万円まで貸せますよ、という提案をいただけます。

貯金が1000万円とすると、融資の2500万円と合わせた3500万円ほどの物件を探すことになります。

住宅ローンの返済額は家賃と同額といいましたが、正確に言えば、家賃と同じくらいになるようにローン返済額を決める事になります。

  • 身の丈にあった物件選びが重要
  • ローン返済額=家賃になるように借りる
  • 家賃が払えればローンも払える
「持ち家」と「賃貸」コスパが良いのはどっち?
持ち家 賃貸 メリット ・老後の住宅費が安い ・資産になる ・家の改修、装飾が自由 ・社会的信用が高まる...

マイホーム購入の最難関は住宅ローン審査

マイホームの購入自体は、実はそれほどハードルが高いものではありません。

先ほども紹介したとおり、住宅ローンの返済額は、現在の家賃と同額になるように返済プランを立てます。これまで家賃を滞納すること無く、しっかりと払ってきた方であれば、問題にはならないでしょう。

マイホームの購入の最難関は、住宅ローンの審査だと言われています。

返済能力があったとしても、そもそも住宅ローンを組めなければ、マイホームを購入することはできません。

車の運転と似ているかもしれません。誰でも練習さえすれば、車の運転は簡単にできるようになります。でも、技術は持っていても運転免許試験に通らなければ、車を運転することはできません。

住宅ローンも同様で、住宅ローンの審査に通ることがもっとも重要になります。当サイトでは、住宅ローン審査に通るための準備やコツを解説していますので、参考にしてください!

賃貸より持ち家を買うべき理由

一生賃貸でもいいかな、と考える方もいるかもしれません。

しかし、断言します。絶対に持ち家を買った方が賃貸よりはるかに良いです。

マイホームの購入・持ち家は大きな決断になるでしょう。若い頃に数千万円のローンを組むことに不安を覚える方も少なくないと思います。

しかし、一生賃貸住まいであればリスクが無いというのは間違った考え方です。長い人生を考えれば、総合的に見て持ち家の方が有効的です。

  • 賃貸のほうが合っている人
  • 持ち家の人はどれくらいいる?
  • 持ち家は賃貸よりはるかに質が良い
  • 一生家賃を払い続けるということ
  • 将来への投資という考え方
  • 人生の意味・目標とは

賃貸のほうが合っている人

すべての人が持ち家を持つべき、というのは乱暴な考え方です。たしかに、賃貸の方が合っている人もいます。また、マイホームの購入の準備がまだ整っていない方もいるでしょう。

例えば、近い将来に転勤の可能性がある方は、マイホームの購入は控えるべきです。

会社の辞令は予想ができないことも多いです。事前にかけあっておいても、事情が突然変わって遠隔地に転勤になる可能性があります。

筆者の叔父は優秀な方だったため、稼ぎも多く30代前半でマイホームを購入しました。しかし、良くも悪くも昇格が早く、本社への転勤命令がでてしまい、マイホームの購入から数年で家を開けることになりました。

叔父の転勤の期間は5年ほどで、現在は地元にもどって持ち家に住んでいます。結果的には戻ることができましたが、そのままずっと本社勤務が続いた可能性もあったことを考えると怖いですね。ちなみに、転勤中は格安で貸しだしていたようです。

他にも、このような方はまだマイホームの購入には少し早いかもしれません。

  • 転勤の可能性がある方
  • 家族構成・こどもの数が決まっていない
  • 他のローンを多く抱えている

持ち家の人はどれくらいいる?

20代 17.8%
30代 49.8%
40代 24.2%
50代 8.2%

(参照:住宅金融支援機構 2014年度)

ひとつの目安として住宅ローン借入者の年齢比率をご紹介します。

どうでしょうか?6人に1人が20代で家を購入しているのは驚きですね!筆者の兄も、結婚と出産がはやく、29歳でマイホームを購入し住宅ローンを組んでいました。

マイホームの購入のタイミングとして最も一般的なのが30代です。30代の2人に1人が持ち家なのですね。30代に入ると、同期が家を買った、同窓会でマイホームの話がでるようになります。

タイミングはそれぞれですが、人生のどこかで必ず考える時期がきます。購入するしないにかかわらず、「家を買う」とはどんなことなのか?どんな準備が必要なのか?を調べてみることは大切です。

持ち家率は30代で5割!2人に1人はマイホーム持ち!
同級生はすでに持ち家かも!? マイホームの購入のタイミングってむずかしいですよね。「同僚が家を買ったらしい」「ママ友が新築のマイホームを自...

持ち家は賃貸よりはるかに質が良い

持ち家は賃貸よりもはるかに質が良いです。

これは少し考えてみれば、あたりまえのことです。

賃貸には、必ず大家さんがいます。大家さんは、ボランティアではありませんから、家賃で収益をあげています。家賃には、建築費や維持費などに加えて、大家さんの利益が含まれています。

例えば家賃が8万円であれば、2万円くらいは大家さんの利益でしょう。つまり、部屋自体の質は6万円程度なのです。

さらに言うと、賃貸物件などの投資に使う際は、銀行からの融資の金利が、住宅ローンよりもはるかに高くなります。つまり、マイホームの建築費よりも、賃貸の方が高額なのです。このため、どうしても賃貸の質は持ち家と比較すると大きく劣ってしまうのです。

家賃と同じローン返済額でも、一戸建てを購入できたりするのは、こういう理由があるのです。

将来への投資という考え方

日本人は「資産」や「投資」について、あまりなじみのない方のが多いでしょう。株や不動産と聞くと難しそうで敬遠しがちです。

では、教育はどうでしょう?

現在日本では、小学校6年間と中学校3年間は義務教育と定められています。しかし大多数の人は中学校を卒業後、高校もしくは専門学校、さらに大学への進学も多いでしょう。

私立高校では年間数十万円、大学となると1年の学費が100万円を超えることも少なくありません。他にも教科書や勉強用具、制服や部活の用具などたくさんのお金が必要です。もしかしたら遠方の学校に通うためは一人暮らしする人もいるかもしれません。学校を卒業するまでにトータルで何百万円もするのになぜ学校に通うのでしょう。

みんながそうだから。と言われればそうかもしれません。でも、その本質は、将来への投資ではないでしょうか?

学生時代もっと勉強すればよかった。という人もいるかもしれません。これはつまり、将来のためにもっと投資すれば良かったと言い換えることができるでしょう。

持ち家も同様に考えることができます。賃貸は何年住んでも、結局は他人のものです。一方で、持ち家であればローン返済が完了すれば、ずっと自分の物です。

ローンが完済してしまえば、年1回の固定資産税を払うだけで済みます。賃貸住まいであれば、亡くなるまで高い家賃の支払いが続くことになります。70歳、80歳にもなって仕事もできなくなると、家賃の支払いが大きな負担となって降り掛かってきます…

また、家を所有しているということは社会的なステータスのひとつでもあります。

新入社員の頃、手取りを時間で割ったら学生時代のアルバイトでもらえる給料とかわらないじゃないか、と思ったことはありませんか?しかし、アルバイトと社員では、税金や年金、健康保険料を納めていることなど社会的な信頼が大きく違いますよね。

アルバイトのままでは、クレジットカードを作ったり、住宅ローンを組むことはできません。

「家を持つ」ということは将来への投資および社会的な信頼を得ることにも繋がるのです。

一生家賃を払い続けるということ

ずっと賃貸暮らしを続けるのもひとつの選択肢です。会社で社宅を用意してくれる、転勤のため同じ地域に住むことが難しい、といった人は、そもそも家を買う「ニーズ」がないといえるでしょう。やっぱり今はいらないな、と思うのであれば無理に購入する必要はありません。

ただ、人生を生きる上で住まいは常に必要なものです。生きるということは消費の連続です。毎日の食事や衣服、娯楽はもちろん、住まいにもお金がかかります。

一生、家賃を払い続けるということは将来への大きな不安を抱えることにもなります。転職しようかなと考えている時や、大きなケガをしてしまった時、老後はどうでしょう。これまでの貯金を切り崩しながら生活するのでしょうか?定年後も他にできる仕事を探してはたらきますか?そんな時、自分の家をもっているということは、ひとつの安心となることは確かです。

ひとつだけ忠告しておきたいことは、いつかは実家にもどればいい、という考えは禁物です。

日本は長寿の国ですし、両親は老後の生活のために家を担保として考えているかもしれません。両親の家をあてにしていたら、将来痛い目に合うかもしれません。

誰しもが通る人生の着地点のひとつとして、家を買うということを真剣に考えることは大切です。

人生の意味・目標とは

誰もが一度ならず「人生の意味」について考えたことがあるでしょう。筆者はその答えのひとつとして「幸せな人生を送ること」があると思っています。

今を大切にしつつ将来幸せになること、家族や大切な人も幸せになること、そして人生の最後の瞬間を迎えるときに、最高の人生だったと思えることが理想です。

幸せは何もせず舞い込んでくるものではありません。人生には必ず来る大きな壁がいくつもあります。人は成長とともにその超えた壁に比例する幸せを手に入れることができます。

生まれたばかりの赤ちゃんなら、ハイハイから2本足で立ち上がるというのが最初の大きなハードルでしょう。一人で歩くことができるようになり、ベビーベッドから家全体に世界が広がります。

それまではママとずっと一緒だったのが、小学校になると突然ひとりで通うことになります。小学校では多くの友達と出会い、社会に一歩踏み出すことになります。

高校受験や大学受験は初めて自分で選ぶ人生の分かれ道かもしれません。異性への告白や、恋愛なども大きな成長に繋がります。筆者は車の運転免許をとったときに、大人の階段を一歩あがったなという実感が沸きました。

そしてマイホームの購入も人生の転換期のひとつとなるでしょう。住宅購入には住宅ローンという大きな負債と義務を負うことになります。しかしマイホームを購入して良かったとい意見は沢山聞きますが、後悔したという人はほとんどいません。重い責任に十分みあう、しあわせが感じられるからでしょう。

あなたも思い描くしあわせな人生を実現するために、勇気を出して一歩を踏み出しましょう!

長期返済ならフラット35

新しくマイホームを購入する人、固定金利で借り換えたいという方は、長期固定金利が安く借りられるフラット35がお勧めです。

目安として、20年以上の返済期間になる方は固定金利がおすすめです。

通常の住宅ローンの固定金利と比較すると、0.3~0.7%も金利が違います。固定金利は借りた際の金利がずっと続くため「いつ借りるか」が非常に大切です。マイナス金利の影響で、住宅ローン金利が下がっている今は、フラット35の借り入れがしやすい時期になっています!

ただし、フラット35では団信は任意加入のため、団信を利用する際は0.2%の金利上乗せとなります。八大疾病団信をつけるとさらに0.3%追加と、通常プランと変わらなくなってしまうこともあります。金利はもちろん、保証料、保険料、事務手数料などの総返済額でプランを決めましょう。

kinri-schedule

住宅ローンの金利の適用は、契約時ではなく融資が行われた月の金利です。上の図の場合、申し込みは1月にしていますが、融資が行われたのは2月なので、2月の金利が適用されます。住宅ローンは申し込み手続きや審査などで1ヶ月くらいはかかります。申し込みと手続きをできるだけ早く進めておきましょう!

フラット35おすすめBEST3!

aruhi_logo

15~20年 0.98 %
21~35年 0.98 %
事務手数料 借入額x2.16%

ARUHIはフラット35専門取扱い銀行として、全国シェアNO.1の銀行です。フラット35業界の中でもっとも古くから取り扱っていることから、確かなノウハウと充実したサポートが期待できます。10割融資やフラット50といった他の銀行ではないプランもあるため、状況に合わせた最適なプランを選択できます。

特に、自己資金が20%以上のユーザーは金利が0.2%安くなります。(ARUHIスーパーフラット)これは国内のフラット35では、最も安く借りれるプランです!※ARUHIスーパーフラットでは、事務手数料が2.16%

またARUHIは手続きが非常に速いことでも有名で、仮審査は最短で当日、本審査も最短3日と圧倒的です。フラット35の借り入れを検討している方であればまず申込みしておくべき銀行のひとつでしょう。

  • フラット35シェアNO.1の人気と低金利
  • 自己資金20%以上で金利が0.2%安くなる!
  • 豊富なプランとノウハウで安心のサポート
  • 本審査が最短3日!圧倒的スピード手続き

ARUHIフラット35公式HP

rakuten_logo

15~20年 1.09 %
21~35年 1.16 %
事務手数料 借入額x1.08%
借入額x0.756%(借り換え)

amazonと並ぶ日本最大のネット通販を運営する楽天が提供する住宅ローンです。ネット通販の価格の安さを住宅ローンにも持ち込み、業界最安金利で住宅ローンを借りれます。

楽天銀行は手数料が一番安いのもおすすめのポイントです!フラット35の借り換えを検討している人には最適な銀行でしょう。

さらに、契約後は楽天での買い物に追加ポイントがもらえたり、サービス優待がもらえるなど、他の銀行にはない特典がつきます。

  • ネット銀行ならではの低金利
  • 手数料が他銀行と比較して格段に安い
  • 楽天ポイントアップや楽天グループのサービスで優待が受けられる特典が豊富

楽天銀行フラット35公式HP

sbi_logo

15~20年 1.09 %
21~35年 1.16 %
事務手数料 借入額x1.08%※2

住宅ローン業界で人気NO.1の住信SBIネット銀行が、新たにフラット35の提供を開始しました。ネット銀行というと、手続きが難しくて敷居が高い、名前の聞いたことのない銀行で不安だという印象もありますが、住友グループをバックボーンとする住信SBIネット銀行であれば安心です。

フラット35取扱い銀行の中でもっとも金利が安い住宅ローンプランであり、新規・借り換えともにおすすめです!

  • フラット35取扱い銀行の中でもっとも金利が安い
  • 住友グループのバックアップがあり借り入れが安心
  • 通常プラン・フラット35ともに住宅ローン業界人気NO.1

住信SBIネット銀行銀行フラット35公式HP

短期返済・借り換えなら変動金利

変動金利は金利が安いのが魅力ですが、金利が上昇し、返済額が増えるリスクがあります。短期間で返済するという人や、借入金額が少ない借り換えの方であれば、金利の安い変動金利を利用して、お得に返済しましょう。目安として、20年以内に返済できる方は変動金利がおすすめです。

三菱東京UFJ銀行の変動金利の変動金利のように金利に幅のある銀行や、3年固定、5年固定、10年固定のような短期間の固定金利は避けましょう。固定期間が終了すると、通常の金利よりも割高な金利が適用されます。

変動金利を借りるなら、金利が安くサービスの充実しているネット銀行がおすすめです。

変動金利おすすめBEST3!

sbi_logo

変動金利 0.477 %
10年固定 0.72 %
事務手数料 借入額x2.16%

「金利の安さ」で人気が広がるネット銀行のなかでも特に注目されているのが住信SBIネット銀行です。最大の魅力は業界で1位の金利の低さです!短期間で一気に返済するという人や、借り換えの人におすすめです。

また住信SBIネット銀行のもうひとつの強みは「全疾病保障付団信が無料」です。住宅ローンの借り入れに必須の団信は総額170万円相当になりますが、住信SBIネット銀行であれば無料で利用できます。

  • 業界1位の低金利!0.477 %!
  • 170万円相当の全疾病保障付団信が無料!
  • 来店相談も可能。ネット銀行でも借り入れが安心。

住信SBIネット銀行銀行公式HP

【来店相談】
やはり住宅ローンは相談しながらじっくり決めたいという方は、お店で担当者と個別相談にのってもらうことができます。

新宿 秋葉原 大阪
名古屋 浜松 福岡

個別相談の申し込みはこちら

じぶん銀行

変動金利 0.497 %
10年固定 0.59 %
事務手数料 借入額x2.16%

じぶん銀行は、三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同で融資する、ネット銀行です。変動金利が業界トップの安さで、借り換えユーザーに人気の住宅ローンです。

さらに、がんと診断された時点で残ローンが半分になるがん1/2保障が無料でついてきます。住信SBIネット銀行の全疾病保障は対象が幅広いものの、適用条件が「就業不能状態」と非常にハードルが高いというデメリットがあります。一方でじぶん銀行のがん保障は「診断時」に即座に適用されます。

また、じぶん銀行は完全ネット完結型の住宅ローンで、契約書の捺印や郵送などの手間が一切ありません。手間の省略に加えて、収入印紙2万円なども節約できるのでとても嬉しいです。

  • 変動金利が業界最安値
  • がん1/2保障が無料
  • 完全ネット完結型!収入印紙2万円の節約も

じぶん銀行公式HP

イオン銀行

変動金利 0.57 %
10年固定 0.69 %
事務手数料 借入額x2.16%

イオン銀行は、変動金利がとても安く借りられ、借り換えにおすすめの住宅ローンです。イオン銀行で住宅ローンを借りると、イオンカードがゴールドカードに昇格され、イオンでのお買い物が5%OFFになります。また旅行傷害保険の無料付与、全国のイオンラウンジの利用権が得られるという特典もつきます。

イオンでお買い物を良くされる方なら、生活費を抑えられるため、他の住宅ローンよりもかなりお得になります。核店舗にイオン銀行の店舗があり、相談やATM利用がしやすいのも嬉しいです。

  • 金利が低く、借り換えに最適
  • イオンのお買い物が5%OFF
  • 支店やATMが多くて便利

イオン銀行公式HP

チェックポイント

30代で持ち家率がグーンと伸びる

チェックポイント

マイホーム購入は住宅ローン審査が最難関

チェックポイント

持ち家は賃貸よりもはるかに質が高い!

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。