火災保険の比較で120万円トクする賢い選び方

火災保険はどう選んだらいいの?

火災保険は好きな保険を自分で選べる

マイホームの購入にあたりさまざまな手続きや費用が発生します。土地であれば実際に足を運ぶことで周りの環境や立地がわかりますし、建て売り物件であれば内装も目で確認することができます。もちろん価格も○○万円とハッキリと提示されるので、金額と物件を天秤にかけながら、マイホームを比較することができます。また物件価格から、住宅ローンを借りた場合に毎月の返済額を大まかに計算することも可能です。

しかしマイホームを購入するためには、単純に土地と物件のお金を支払うだけというわけではありません。住宅ローンを借りる際には、住宅ローンの保証料や事務手数料、さまざまな保険料といった諸費用が必要となります。これらの費用は物件の価格とは違い、プラン条件の違いや物件によってまちまちなので、○○万円とハッキリ提示されません。

保険料などは実際に手に取ることのできず、人によっては最後まで利用することのない可能性もあるサービスとなるので、相場はどれくらいなのか、どの程度の保険をかけておくべきなのかを判断するが難しく感じる人も多いでしょう。しかしこれらの諸費用を全て合わせると、手住宅ローンの契約時に支払う手数料は数百万円になり、さらに毎月の支払い額に上乗せされる費用を計算すると、総支払額でさらに数百万円という支払いが発生します。

物件購入の手続きや、住宅ローンの契約などはじめてのことばかりでよくわからないし、不動産会社の薦められるがままに保険も選ぶという人はかなり多いです。しかし、不動産会社や銀行が薦めるプランというのは、購入者にとって必ずしも一番よいものというわけではありません。彼らも商売なので、よりよりプランがあったとしても、手数料がたくさんもらえる提携会社の保険やプランを紹介します。

現在ではインターネットを利用すれば手軽に有益な情報を得られるようになりました。少しの手間はかかりますが、結果的に何十万円という費用削減ができることも少なくありません。

今回は特に住宅ローンの契約条件ともなっている、火災保険に注目して、どのようなプランを選ぶべきが、もっとも安いプランを提供している保険会社はどこなのか、解説していきます。

火災保険で補償される・されない内容

地震保険の加入も検討すべき

さきほど火災保険について説明していくと話しましたが、実際には火災保険のみの加入では十分な保険となら場合が多いです。災害といってもさまざまあります。火災のほかにも自信や雷、水害や風害、土砂災害など、火災保険だけではカバーしきれないのが実情です。

例えば地震が発生したときに、火災保険でどこまで保証してもらえるのでしょうか?例えば火災で家が焼失した場合、建物の保険はおりますが、家具や衣服といった家財が燃えてしまっても、その保障はされません。また地震が原因で発生した火災の場合は、地震保険にはいっていないと保険金がおりません。

まずはどの保険がどこまで保証してくれるのか、そして自分の環境にあわせてどのような保険プランが必要なのか確認しましょう。

保障内容 プラン
火災・破裂・爆発・落雷 火災保険の基本となる補償。
【火災】火災による焼失
【破裂・爆発】ガス爆発などによる破損
【落雷】落雷による破損
基本プラン
風災・ひょう災・雪災 【風災】台風・竜巻などの強風による破損
【ひょう災】ひょうによる破損
【雪災】積雪による破損
オプション
水災・土砂災害 洪水による浸水や土砂災害の破損 オプション
日常災害・盗難 水道管の破裂による破損、隕石などの物体の飛来による損害
盗難による建物への被害や、デモ行進による破損
オプション
破損・汚損 自身で家財を破損してしまった場合の保険 オプション
地震火災保険 地震が原因で発生した災害による破損 別保険
スポンサーリンク

基本プラン 火災・破裂・爆発・落雷

火災保険で基本的にカバーされるのは「火災・破裂・爆発・落雷」による建物への破損です。乾燥による出火や、落雷による破損といった火災の被害を補償してくれます。破裂・爆発はほとんど起こりませんが、隣接工場がガス爆発を起こしたなどにより適用されます。

また、庭でバーベキューをして失火した、タバコの消し忘れで火事を起こしてしまったという、自身の過失の場合は補償外となるので気を付けましょう。火災保険で補償されるのは基本的に、天災による破損と、放火など他人からの被害が対象となります。

よく勘違いされるポイントとして、基本的に保険は建物に対してかけられるので、家具や衣服が燃えたり、庭の花壇が崩れたといった損害は補償の対象外です。家財と建物の線引きは難しいのですが、基本的に家の中にある動かせるものは家財とみなされます。例えば雷によってエアコンが壊れた、火災でキッチンが燃えてしまった場合には補償対象となります。

後ほど再度詳しく説明しますが、地震保険は火災保険とは別途加入する必要があります。地震による出火による焼失は、地震保険に加入していないと基本的には補償されません。

風災・ひょう災・雪災

風災・ひょう災・雪災による補償はオプションとして追加利用することになります。

沖縄地方・南九州地方など、毎年台風被害の多い地域などでは風災による損害を保障するために、オプションを利用する方が多いです。補償内容は、ひょうによってガラスが割れた、竜巻により屋根瓦が吹き飛んでしまった、台風によって家の中が濡れてしまった、雪の重みで屋根が潰れてしまったといった場合に適用されます。

しかし、強風で屋根瓦が飛んでしまった場合でも、経年劣化によって屋根瓦の立て付けが良くなかったり、一見、積雪の被害と思えても白アリが原因で柱が腐っていたなど、建物の劣化による原因があった場合には補償されません。

水災・土砂災害

近年水災・土砂災害はニュースで取り上げられることが多くなった気がします。マイホームの近くに大きな川があったり、山岳地方で土砂災害では保険をつけておくと安心です。

水災による補償は基本的には床上浸水、または地盤面から45cm以上の浸水で被害を受けた場合です。水災・土砂災害では家財への被害も補償されることが多いようです(プランによっては建物のみの場合もあるので確認してください)。床下浸水や地面から45cm以下の場合は補償の対象外です。また、床上浸水をした場合でも、実際に被害がなければ保険金は出ません。

また、すこし複雑になりますが、地震を原因とする津波の被害は、火災保険にオプションとして追加した水災・土砂災害保障では、対象となりません。近くに川や崖はないけれど、地震による津波が心配という場合は、火災保険の水災ではなく、地震保険に加入する必要があります。

ふだんなら堤防がしっかり整備されているように見える川でも、台風や豪雨によって氾濫する可能性は否定できません。購入物件の地域のハザードマップを確認しておくことをおすすめします。最近ではインターネット上で様々なデータが公開されているので、簡単にチェックができます。「○○市 ハザードマップ」「○○市 防災マップ」などで検索すると自治体の防災情報が確認できます。市役所のHPにアクセスすると、過去の浸水状況のデータなどさらに詳しい情報にもアクセスできます。

日常災害・盗難

日常災害とは、次のような場合に適用されます。

  • 物が飛来・落ちてきて、建物が破損した
  • 下水管が破裂して、トイレが壊れてしまった
  • デモ行進・暴動によって家が破損した

物が飛来するというのは、非日常と思いますが・・・隕石の飛来や、飛行機などからの貨物の落下、航空機の墜落(ドローン技術の発展で今後増える?)などの被害を補償してくれます。マンション住まいであれば、上の階から水が漏れている、隣の部屋の人がベランダの仕切りを突き破ってしまったなど、何十年も住んでいるとこういった被害に会います。

盗難保険は、契約時の補償内容に注意が必要です。建物だけを対象とした場合は、侵入時に窓ガラスを割られた、部屋の扉を破壊されたといった損害にのみ補償が適用されます。現金や宝石を盗まれたとしても、盗難保険では補償の対象外となります。

破損・汚損

基本的に火災保険で補償されるのは建物の破損が対象です。強風によって物が飛んできて窓ガラスが割れた場合には、ガラスの補償はされますが、隙間から吹いた風で室内の花瓶が倒れて割れても、花瓶の補償はされません。

建物と家財の簡単な見分け方は、物が固定されているか、動かせるのかという点です。キッチンは家に据え付けられているものなので、建物の一部とみなされますが、テレビは重くても動かせるものなので家財です。バスタブやトイレなども対象となります。

家財に対する保険をつけたい場合は「破損・汚損」保険を利用します。こどもが室内でボールを投げてガラスが割れたとか、模様替え中にテレビを落として画面が割れてしまった、といった場合にも適用されます。ただし、破損・汚損の保険をつけると保険料がかなり高くなってしまうので、買い替えてしまった方が安いということも多いです。特別な理由がない限り利用する人はいません。

地震保険

よく勘違いされることが多いのですが、地震による二次災害の被害は火災保険では補償の対象外です。大きな地震被害が起こりえる地域にお住まいの方は地震保険に別途加入する必要があります。

具体的には、地震の揺れによる破損はもちろんのこと、地震がもとで出火した場合や、地震による津波被害、液状化現象といった災害によって被った被害を補償してくれます。逆に地震保険に加入していないと、火災保険のみではこれらの災害時に補償が受けられません。地震で火事になっても、火災保険ではお金が下りないのです。

2011年の東日本大震災では地震による津波で甚大な被害を受けましたが、火災保険の水災保障では適用外となるため、地震保険に加入していなかった人は非常に厳しい被害となってしまいました。1995年の阪神淡路大震災でも同様に、地震の被害よりも火災の損害が多かったようですが、このような場合でも地震保険に加入していないと保険金がうけとれません。

地震大国である日本に住んでいるかぎり、地震からは逃げられませんので、できるかぎり地震保険には加入しておきたいです。

補償で陥りやすいワナ

実際に被害を受けたときに問題になりやすいのが、どの規模の損害を受ければ保険金がでるのかです。基本的に多少の傷程度では保険金はおりません。補償が受けられる基準として、機能が失われているという条件があります。

たとえば強風で物が飛んできて窓ガラスにあたっても、傷がついただけならば、窓としての機能は失われていないので補償の対象外です。しかし、窓ガラスが割れてしまったり、極度にひびが入ってしまっている場合には保険が利用できます。

下水道が破裂してしまってトイレが汚物で汚れたという場合も、水道管の取り換えは補償されますが、トイレ自体が壊れていなければ掃除すれば使えるので、対象外です。

また保険は、契約時に自己負担金額の設定ができる保険会社が多くなりました。自己負担金額の設定をすることで保険料が割引されます。自己負担額の設定方法には2種類あり、例えば自己負担額を10万円とした場合に次のような補償が行われます。

プランA
被害額 補償額
ケースA 5万円 0円
ケースB 30万円 20万円

プランB

被害額 補償額
ケースA 5万円 0円
ケースB 30万円 30万円

プランAでは自己負担額内の被害であれば補償はされず、全額自腹で修理します。自己負担額を超える被害を受けた場合は、被害額から自己負担額を引いた金額を補償料としてうけとれます。30万円の損害であれば、10万円は自己負担しますが、残りの20万円を補償されます。

プランBでは自己負担額内の被害であればプランAと同様に全額自分で支払います。しかし自己負担額を超える被害を受けた場合、プランBでは支払いをすべて保険会社が行ってくれます。

もちろんプランBのほうがよい条件ですが、保険会社によって補償条件が違うので確認する必要があります。

どこの火災保険に加入したらいいの?

住宅ローンの借り入れ条件として、火災保険の加入が必須となっている場合がおおいです。そのため、大部分の銀行は住宅ローンの契約と同時に火災保険の紹介もしてくれます。しかしここで注意したいのが、かならずしも銀行が紹介する火災保険は良い条件というわけではありません。また、火災保険の加入も銀行で行わないと勘違いされることが多いのですが、住宅ローンの契約とはまったく別物なので、契約者が好きな保険会社を選ぶことができます。

火災保険の加入は住宅ローンの契約条件ではありますが、加入先の選定は自由なのです。

商品名 内容 割引制度 自己負担金額設定
タフ・住まいの保険/あいおいニッセイ同和損害保険(株) □エコノミープラン:火災、落雷、破裂、爆発、風災、ひょう災、雪災
□ベーシックプラン:エコノミープラン+落下、飛来、衝突、水漏れ、騒じょう、破壊活動、盗難、水災
□基本補償:なし、1万円、3万円、5万円
□風災・ひょう災、雪災:20万円以上の場合自己負担なし
□マンションの場合自己負担なし
スイートホームプロテクション(ホームライフ総合保険)/AIU保険会社 □基本補償:火災、落雷、破裂、爆発
□選択補償:
・風災、ひょう災、雪災
・水災
・落下、飛来、衝突、水濡れ、破壊行為
・盗難
 ・耐火性能割引
・オール電化住宅割引
・発電エコ住宅割引
・新築物件割引
・ノンスモーカー割引
・築年数割り増し
□風災・ひょう災、雪災:
1.10万円、20万円
2.20万円以上の場合自己負担なし
□水災
1.100%(一部自己負担)
2.100%(全額)
3.70%補償(一部自己負担)
セコム安心マイホーム保険(家庭総合保険)/セコム損害保険(株) □スリムプラン:火災、落雷、破裂、爆発、風災、ひょう災、雪災、盗難
□ベーシックプラン:スリムプラン+落下、飛来、衝突、水漏れ、騒じょう
□ワイドプラン:スリムプラン+水災
 ・ホームセキュリティ割引
・オール電化住宅割引
基本補償:なし、10万円、20万円
風災・ひょう災・雪災にのみ:10万円、20万円
じぶんでえらべる火災保険/セゾン自動車火災保険(株) □基本補償:火災、落雷、破裂、爆発
□選択:
・風災・ひょう災・雪災
・水漏れ、落下、飛来、騒じょう、盗難、水災
風災・ひょう災・雪災:なし、5万円、10万円
THE すまいの保険(個人用火災総合保険)/損害保険ジャパン 日本興亜(株) □スリム2:火災、落雷、破裂、爆発、風災、ひょう災・雪災
□スリム1:スリム2+水災
□ベーシック2:スリム1+落下、飛来、衝突、水漏れ、騒じょう、盗難、損傷、汚損
□ベーシック1:ベーシック2+その他の事故
 ・新築割引
・築浅割引
□スリム1・2:3万円、5万円、10万円
□ベーシック1・2:なし、1万円、3万円、5万円、10万円
 トータルアシスト住まいの保険/東京海上日動火災保険(株)  □スタンダードタイプ:火災、落雷、破裂、爆発、風災、ひょう災、雪災、水災、盗難、水漏れ、騒じょう  ・築浅割引 □基本補償:なし、5000円、3万円、5万円
□風災:10万円、20万円
□水災:補償縮小
 住宅安心保険/日新火災海上保険(株)  火災、落雷、破裂、爆発、風災、ひょう災、雪災、水災、盗難、水漏れ、騒じょう、損傷、汚損 ・新築、築浅割引
 未来住まいる/富士火災海上保険(株) □Fプラン:火災、落雷、破裂、爆発
□Eプラン:Fプラン+風災、ひょう災、雪災
□Dプラン:Eプラン+落下、飛来、衝突、水漏れ、騒じょう、盗難
□Cプラン:Dプラン+水災
□Bプラン:Cプラン+その他の災害
□Aプラン:Bプラン+水災
 ・WEB申込み割引
・新築相当の建物契約に優遇
□破損、汚損:1万円
□基本補償:5万円
□風災、ひょう災、雪災:20万円以上の場合自己負担なし
GKすまいの保険/三井住友海上保険(株) □Eプラン:火災、落雷、破裂、爆発、風災、ひょう災、雪災
□Dプラン:Eプラン+水漏れ、盗難
□Cプラン:Dプラン+破損、汚損
□Bプラン:Dプラン+水災
□Aプラン:Dプラン+破損、汚損、水災
・新築割引 □建物:1万円、3万円、5万円、10万円
□家財:1万円、3万円、5万円

ここに上げた保険会社は代表的な企業ですが、数あるプランのごく一部です。自分の必要な条件にあったプランをもっている保険会社を選びましょう。

火災保険料っていくらくらいかかるの?

火災保険料はオプションプランの有無やプラン内容によってまちまちです。あくまで平均的な保険料を目安として参考にしてください。

【一戸建て】
住宅の規模によって保険料や内容が大きく変わることが多いです。新築一戸建ての価格を3000万円とした場合、年間12,000円~20,000円程度でしょう。地震保険と合わせた場合は年間50,000円前後です。一括支払いをするとかなりお得になる場合があります。

35年分一括払い:530,000円
1年払い(35年間):1,785,000円

【分譲マンション】
マンションは一戸建てよりも火災保険料が安くなることが多いです。大規模なマンションであれば建設用地がしっかりとした基盤である必要があるので、建物自体の強度がかなりしっかりしています。マンションであれば津波などの被害も少ないので、保険も不要でしょう。物件価格が3000万円の場合、だいたい10,000円~15,000円ほどです。地震保険と合わせた場合、年間30,000円弱です。

35年分一括払い:290,000円
1年払い(35年間):980,000円

保険の支払い方法だけでも120万円も差がでるのですね。住宅ローンの契約や、不動産会社との手続きなどで手が回らないという方もいるかもしれませんが、100万円以上も差がでる火災保険・地震保険はしっかりと勉強しておきましょう。

また、すでに生命保険や火災保険に加入している方であれば、保険の重複にならないように保険の見直しも必要です。色々な会社でバラバラに保険をかけるよりも、1つの会社でセットにすると割引がしてもらえることもよくありますので、住宅購入は保険の整理のよいタイミングでしょう。年間数千円の保険費用が何十年と積み重なれば、十数万円という大きな損になります。最近では無料で相談をしてくれるファイナンシャルプランナー(FP)もいるので、保険に入るつもりがなくても、話だけ聞いてみるのも勉強になります。

チェックポイント

火災保険の加入先は自由に選べる(住宅ローンとは無関係)

チェックポイント

地震保険は別途加入が必要!

チェックポイント

不要な保険のカットと支払い方法の選択が重要

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。