住宅ローンを賢く利用するには?マイホームの魅力

マイホーム購入のきっかけは?

高い?安い?モノの価値って何だろう

「大人になってわかった人生の真理は?」
ふと手に取ったとある雑誌に興味深いアンケートが載っていました。

1位 人生は“運”に大きく左右される
2位 努力しても、家柄の良いヤツには敵わない。
3位 仕事は「体力」勝負
4位 努力しても成功するとは限らないが、努力しないと報われない
5位 40歳になっても中身はガキのまま
6位 マジメにやるとたいていバカをみる
7位 「こうなりたい」と思い続けていると、意外と近づく
8位 結局、女は金のあるヤツを選ぶ
9位 大人になると友だちができない
10位 「地アタマの良いヤツ」には敵わない

全体的にややネガティブな傾向が強いですが、大体あってるなと思える内容ですね。
7位の「こうなりたい」と思い続けると意外と実現できるといった、
楽観的な意見も多く見られたのは意外かもしれません。

私が社会人となって働き始めたころに強く感じたことは、
「時間は有限、お金も有限」です。

たとえば、1回5000円以上の美容院を毎月通っている友人がいますが、
私は自分で少しずつ切りながら、限界になったら一番安い1500円ほどのカットに行く程度です。
もちろんシャンプーなんて贅沢しません。

しかし、まったくお金を使わないで貯金しているわけでなく、
どちらかといえば財布の紐はゆるい方だと思います。
美容院の出費はしぶりますが、料亭で5000円のカニ料理フルコースは喜んで行きます笑

学生時代には親に無理を行って一人暮らしをさせてもらっていました。
家賃と生活費はかかりますが、親元を離れて自分の力で生活することで、成長したいと思ったからです。
自堕落な生活を送ってしまった時期もありましたが、失敗しないと分からない事もあります。

また、大学生になったころからアルバイトをはじめ、
お金のことについてよく考えるようになりました。

汗を流して1時間はたらいて850円もらい、
美容院でシャンプー500円してもらうのは割に合うだろうか?
1日10時間バイトして、ディズニーランドで1日遊ぶなら十二分かもしれない

といったように、本当に買おうとしている“もの・サービス”が、
値段に見合う価値があるのかと、天秤にかけるようになりました。

貯金は正義、ローンは悪?

私は、お金の管理にかなりこだわりは持っていましたが、
かといって貯金を貯めこんでいるというわけではありませんでした。
むしろお金を理由に我慢をしたくなかったので、出費=収入という月もよくありました。

出かけたり遊んだるするのが好きだったというのが主な理由ですが、
“貯金する”こと自体が好きではありませんでした。

もし100万円貯金したら、3年後や5年後、10年後はいくらになっているとおもいますか?

定期預金を組めば通常より利子がたくさんもらえるとはいえ、数百円程度でしょう。
貯金額が200万円、300万円であっても数千円のキャッシュバックです。

目の前に何百万円というお金がありながら
数千円の為に10年間眠らせておく意味は本当にあるのでしょうか。

また、お金の価値は一定ではありません。
現在の100万円と10年後の100万円では価値が変わってきます。

例えば、1995年にはハンバーガーが1個80円で手に入りました。
今では100円以上します。

もし当時100万円でハンバーガーを買いまくったら、12500個買えます
今の値段で買った場合とくらべると、2500個も多く食べられます!
100万円貯金していて、利子として数千円増えたところで、この差は覆らないでしょう。

貯金は目的をもってするべきです。
たとえば、海外旅行に行くためとか、結婚資金を貯めるといった、
明確な目的があってこそ意味を持つのです。

また、一般的に貯金と対をなすと考えられるローンですが、私は少し違った見方をしています。
ローンは投資だと捉えています。
例えば車を買うために150万円を貯めたとします。

あなたならどんな車を買いますか?
150万円で買える車を選ぶでしょうか。
中古にして1ランク上の車を探すのもいいかもしれません。

他にも、例えばこんな買い方はどうでしょう。
準備した150万円を元手にローンを組んで、250万円の電気自動車(EV)を購入します。
電気自動車は購入価格は予算より100万円高くなってしまいますが、燃料費がかなり抑えられます。

img_point01

電気自動車は通常のガソリン車と比べると燃料費が安く、1年間で約10万円も節約することができます。
つまり、100万円のローンを組んだとしても、10年以上乗れば元がとれるのです。
携帯電話やインターネットの割引サービスである、「実質無料」をイメージすると分かりやすいかもしれません。

電気自動車の魅力はなんといっても、燃費がよいことです。
燃費を気にせず乗れるというのは、車を運転する人にとっては夢のようでしょう。
ガソリンスタンドの看板を見るたびに高くなったな~と感じませんか?
十数年前には1Lが100円以下だったのがいまや1.5倍になっています!

それに、250万円の車では内装も一段違います。
手触りの良いハンドルと、高級感のあるシーツでとても快適にドライブできます。
私が初めて電気自動車に乗ったときに、車内の静かさに驚きました。
ガソリン車も年々性能が上がっており、エンジン音が静かにはなってきていますが、
電気自動車はほぼ無音でスルスルと走ります。

費用が同じで、1ランク上の車に乗れるのであれば、
ローンであっても上手な買い物といえるのではないでしょうか?

ローンは“借りる”という印象を強い場合が多いですが、
賢く利用すれば、“投資”になるのです。

奨学金は一番わかりやすい“投資”といえるローンかもしれません。
現在法律で定められている義務教育は小学校6年、中学校3年ですが、
多くの人は高校や大学まで進学します。
さらに高度な勉強やスキルを学びたいという人は大学院で研究したり、専門学校で資格を取得したりします。

scholarship
<日本学生支援機構「学生生活調査」/平成24年度>

日本学生支援機構がアンケート調査した結果では、大学生の約半数、
大学院生となると6割以上が奨学金を利用しています。
奨学金つまりローンを組んでまで大学に通う人が2人に1人以上いるのです。

もちろん勉強や資格の取得だけが進学の目的ではないでしょう。
仲の良い友人を作ったり、時には恋をしたりといった学生生活を楽むことも
学校の魅力のひとつです。

もしタイムマシンで昔に戻れたとして、やっぱり進学するのを辞める
と答える人は少ないのではないでしょうか。
学生生活を楽しむ、将来への投資という意味で奨学金のローンを組む事は良い投資だと思います。

マイホームは人生を豊かにする投資

何千万円というお金がかかる住宅購入は、“ローン”ではなく“投資”となるようにしたいですね。

マイホーム購入時に目安となるのが、賃貸の毎月の支払額とローンの返済額です。
月8万円の家賃であれば1年で100万円、5年で500万円になります。
もし同じ金額であれば、後に残らない賃貸よりも、
資産となるイホームの購入にお金を使うべきでしょう。

環境面でのメリットも大きいです。
賃貸住宅の悩みで、隣接の部屋からの“騒音”を経験している人は少なくないのではないでしょうか?
家賃の安い住宅は木造であったり、築年数が長く防音されてないケースが多いです。
壁や天井の薄い住宅ではこどもの走る足音や、
お隣さんの歌声が聞こえてくる・・・といったこともよくあります。

一戸建て住宅であれば騒音を気にすることはなくなりますし、
購入マンションであれば、ご近所さんとの関係を大切にする人が多く、
隣人とのトラブルも格段に減ります。

また、マイホームをもち、一国一城の主となるのは気持ちいいものです。
自分の力でお金を稼ぎ、家族を養うことに、大きな満足感を得ることができるでしょう。

“実家”や“地元”にはなんともいえない安心感があります。
あって当たり前だと思っていたその実家・地元は、
あなたの両親が一生懸命育て上げたものです。

そして今度は、あなたがこども達にとっての“実家”を創る番なのです。

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。