住宅ローンの種類

住宅ローンはどこで借りるかご存知ですか?どうやってプランを選びますか?

まず最初に思いつくのが銀行で借りる住宅ローンですね。でもこれだけではないんです。

国が運営する機関が提供する住宅ローンもあれば、企業が社員を対象として貸し出すローンなどもあります。

また、一言に銀行といっても、メガバンク、地方銀行、信用金庫など様々です。最近ではネット銀行なども注目されていますね。それぞれの銀行はまったく違った特徴を持ち、メリット・デメリットがあります。

この記事では、住宅ローンの種類と銀行の特徴を紹介していきます。

住宅ローンの種類

種類 評価
公的融資
民間融資
協調融資

住宅ローンは大きく3つに分けられます。「公的融資」「民間融資」「協調融資」です。

公的融資は、国が運営する機関の提供する住宅ローンです。民間融資は、銀行や保険会社など民間の企業のローンです。

協調融資というのは聞き慣れない言葉だと思いますが、一言で言えば「半官・半民」の住宅ローンです。国がお金を出していますが、契約や手続きなどの窓口は銀行などの民間企業が請け負います。

スポンサーリンク

公的融資

自治体によって運営・提供される住宅ローンです。

戦後~高度成長期に一般的に利用された住宅ローンです。現在では、民間融資と比較してあまり条件が良くないため、規模が縮小しています。

個人に対して数千万円の貸し出しをすることは、銀行にとって大きなリスクをはらみます。このため、住宅ローンという商品がまだ確立していなかった戦後~高度成長期には、国が率先して貸し出しを行っていました。

公的融資には、「財形融資」「自治体融資」の2種類があります。

【財形融資】50万円以上の財形貯蓄を1年以上行っていることで、貯蓄額の10倍(最高4000万円)までの融資を受けられます。

【自治体融資】居住先・勤務先の自治体が貸し出す住宅ローンです。

どちらの融資も、必ずしも勤め先や自治体がサービスを提供しているわけではないこと、また、自治体ごとに条件や金利が違うなどの問題もあり、今ではあまり利用されていません。

現在では国や自治体が直接貸し出す公的融資よりも、後から紹介する協調融資が増えています。

民間融資

バブル崩壊前までは、公的融資よりも金利が高かったり、審査が厳しいなどあまり条件がよくありませんでした。

しかし現在では、金利の低下やIT技術の進歩などにより、民間融資で住宅ローンを組むことが一般化しています。

住宅ローンと言えば、イコール民間融資だと言ってもよいでしょう。

公的融資と比べると、金利が安い、融資の上限が高い(1億円まで)、キャンペーン特典がつくなど有利なプランが多いです。各銀行とも、お客さんを呼び込むために、価格競争やサービスの充実化を図っているからですね。

ただ、無数のプランの中から、最適なプランを選び出すのは一苦労です。当サイトでは、現在最も注目されている住宅ローンを紹介していますので、参考にしてみてください。

協調融資

フラット35という、固定金利が非常に低い金利で借りられる住宅ローンです。

協調融資「半官・半民」の住宅ローンです。国が資金を提供し、契約や手続き、管理などの窓口業務を民間企業が請負っています。

通常では割高になる、長期固定金利を国が融資することで、金利を抑えることを目的に作られたプランです。

民間有志の住宅ローンよりも審査が易しいということもあり、収入に不安のある方や、自営業の方などにも人気のプランです。

住宅ローンってどこで借りるの?

住宅ローンは無数にプランがあります。銀行だけではなく、保険会社や住宅ローン専門会社などもあります。

読者の中には、不動産会社からチラシを貰ったけれど、そこで借りないといけないの?と疑問に思われている方もいると思います。

でも、そんなことはありません!

数千万円という大きなお買い物になりますから、0.1%の金利差で数十万円の差額になることもありますよ!じっくりと時間をかけて、ベストマッチングの住宅ローンプランを選びましょう。

種類 金利 サービス サポート
メガバンク
地方銀行・信用金庫 ×
ネット銀行
住宅ローン専門会社
保険会社

メガバンク

みずほ銀行三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行を3メガバンクと呼んでいます。ここに、りそな銀行を含めて4大銀行と呼ぶこともあります。

都市銀行と言われることもあり、日本全国に店舗・支店を持つ巨大グループ銀行というのが特徴です。

大手企業という信頼性と、蓄積されたノウハウ、全国展開するネットワークを強みにしています。

ただし、近年では金利やサービス面でネット銀行に遅れを取っており、規模の縮小が進んでいます。このため、提携先のネット銀行などに代理販売をしてもらう形態が増加しています。

例えば、三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同で設立した、au住宅ローンなどがあります。

地方銀行・信用金庫

地域密着型の小規模な銀行、信用金庫です。

地方住まいの方であれば、両親や祖父母など家族ぐるみでお世話になっている家庭も多いと思います。

自営業の方で取引実績があれば、信用性もありますので、住宅ローンの審査で有利に働くこともあります。

ただし、金利やサービス面では、あまり期待ができないというのが現状です。

ネット銀行

ネット銀行は、IT技術の向上とインターネットの普及によって、シェアを拡大している新しい形態の銀行です。

その名前のとおり、インターネット上で取引・手続きができる銀行です。スマホや自宅PCから口座にログインし、残高確認や振り込み手続きなどができます。

ネット銀行では従来の銀行とは違い、店舗を持たずシステム化することで、経費や人件費を削減しています。

このメリットを活かし、ネット銀行の住宅ローンは金利が非常に安く、サービス面も充実しているのが特徴です。

とにかく安く住宅ローンを借りたいという方は、ネット銀行の住宅ローンがおすすめです。

住宅ローン専門会社

口座貯金や振り込みなどの銀行サービスを行わず、住宅ローンの販売のみを生業としている住宅ローン専門会社も存在します。

特に有名なのが、フラット35を提供するARUHIです。

現在ではIT化が進んでおり、ネット銀行とほとんど同じ仕組みをとっています。サービス窓口はオンラインサイトから行います。

最近では、都市部に相談窓口を設けている企業も増えています。メールや電話相談だけではなく、対面相談を希望される方でも安心です。

保険会社

日本生命保険など、一部の保険会社が住宅ローンを提供しているケースがあります。

しかし、あくまで本業は保険サービスですので、住宅ローンのプラン内容に関してはあまり魅力的なものはありません。

生命保険や地震保険、自動車保険などをすべてまとめて管理したいという方は、保険会社に問い合わせてみても良いでしょう。

民間住宅ローンとは?▶


住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。