住宅ローンの諸費用っていくら必要?

住宅ローンの諸費用って具体的には何?

最初にどのくらいお金を準備したらいい?

スポンサーリンク

頭金0円でも諸費用300万円くらいは必要

貯金はあまりないけれど、家を買っても大丈夫?
“頭金ゼロでも家が買える”というチラシを見たけど本当?

こんな質問をよく受けますが、
「Yes」だけれど「No」というのが答えです。

実際に頭金0円でもマイホームの購入は可能です。
3000万円の物件を買うため、3000万円全額住宅ローンで支払うこともできます。

しかし、実際に家を購入する際には、建物と土地の価格だけでなく、様々な諸費用がかかってきます。
たとえば住宅ローンの借り入れには、保証会社との契約が必要になります。
ローンの返済が滞ってしまった場合に支払いを肩代わりしてくれる仕組みで、保証料は30万円〜50万円ほどします。

車のローンの保証料であれば数万円といったところでしょうが、
借りる金額が1桁違えば、保証料の金額も1桁違ってくるのです。

また、もしもの場合にそなえて火災・地震保険や団信(病気や死亡などで返済不能となった場合の保険)に加入しなければなりませんし、
土地購入後は所有権移動の申請手続きや、固定資産税の清算など、様々な諸経費が必要となってきます。
引っ越しの費用や新生活にあたり家具や家電を取り替えることもあるでしょう。

家の購入や諸費用、引っ越し代金など諸々含めると、
実際に物件にあてられるのは準備できるお金の10%ほど、
もし3000万円用意できるのであれば、300万円は諸費用に当て、
残りの2700万円で物件選びをするとよいでしょう。

諸費用を計算にいれずに物件選びをしてしまい、
あとから金策に走り回るということにならないように気を付けましょう。

しかし、どうしても惚れ込んでしまった物件がある
これは絶対にゆずれない、費用が多少ふえても欲しい。というケースもあるでしょう。
頭金0、諸費用もローンで借りられる金融機関もあります。

土地と住宅以外に必要な諸費用一覧

不動産購入時に必要な諸費用

名称 内容
申込証拠金 物件購入の申込み時に不動産会社へに支払う「予約金」。数万円~10万円程度で、契約後は手付金の一部となる。申し込みを撤回する場合は返金される。
手付金  物件購入の契約時に売り手へ支払う。不動産売買は高額の取引となるため、「手付金」「中間金」「残代金」と分割して支払う。購入金額のおよそ10%程度。
印紙税  不動産取得の契約書類に貼る印紙代金。契約金額に応じて金額が変わる。
仲介手数料  中古物件など、仲介会社に紹介してもらう場合の手数料。物件価格の3.24%+6万4800円が上限。
登記費用  物件の所有権の変更を申請するための登録税と、司法書士への手続き依頼料
不動産取得税  不動産を購入した際に支払う税金。
固定資産税・都市計画税  固定資産税は1月1日の時点の所有者が1年分を支払うことになっているため、物件取引後の税金も売主が払わなければならない。買主と売主で差額分の精算行う。

住宅ローン契約に必要な諸費用

名称 内容
印紙税 住宅ローン契約書に貼る印紙代金。契約金額に応じて金額が変わる。
借入諸費用 事務手数料、保証料、団体信用生命保険料、火災保険料など。金額は金融機関や、ローン商品によって異なる。

その他の費用

名称 内容
修繕積立基金 新築マンションを購入の場合に必要。首都圏の平均は約40万円。
水道負担金 一戸建ての購入など、新たに水道を利用する際に支払う。自治体によって金額が変わる。
引越し費用 新居へ引っ越すための費用。
家具購入費 新居購入時に家具や電化製品を買い替えする場合が多い。

こどもの教育費と住宅ローン、払っていける?

はじめての子育て、はじめてのマイホーム購入。わからなくて当たり前。

人生の3大資金という言葉を聞いたことがありますか?

  • 住宅資金
  • 教育資金
  • 老後資金

人生の中ではどうしても、その時の収入だけでは支払いきれず、貯金を切り崩して乗り切る必要がある時が来ます。

例えばこどもが成長し、小学校に入ると、勉強机の入るもっと大きな部屋がほしくなります。
こどもが男の子と女の子であれば、それぞれ別々の部屋を準備する必要があります。

次の大きな出費の「教育資金」に備えるために、こどもが中学生にあがる前に住宅の購入を済ませます。
こどもが小学校に入ってから、転校を含める大きな引っ越しはしずらいものです。
こんなところで子育てしたい、この街で家を買いたいという地域にあらかじめ引っ越しておく人も多いです。

こどもが高校生から大学生を卒業するまでに、巨額の教育費が必要となります。
もしこどもを28〜30歳のときに2人産むと、43〜52歳の10年間は毎年学費の支払いが続きます。

公立高校では毎年40万円ほど、私立高校では授業料の支払いもあり年間100万円程度の費用がかかります。
大学・専門学校では公立・私立ともに100〜150万円ほど、学費の高い医療系であれば年間400万円必要になる場合もあります。
もしかしたらこどもが遠方の大学に入学するため、毎月の家賃や生活費が必要となるかもしれません。

また、最近では短期・長期の留学を希望する学生も増えています。
ちょっと無理してでもこどもの夢を叶えてあげたいというのが親心です。

老後なんてまだまだ先。なんとかなるだろう。
と思ってしまうのが一番危険。

年金の月額平均受給額は、15万円前後です。
夫婦であわせて30万円もあれば十分・・・と、なかなかそううまくはいきません。

年金の受給額は、単純にこれまで支払った年数に比例します。
夫婦ともに毎年しっかりと支払い続けているのであれば安心でしょう。

しかし、人生いろいろあるもの。
転職や病気などにより満足に収入を得られず、年金の支払が難しい時期がくるかもしれません。
現在の年金納付率は約60%といわれています。
学生や所得が低く年金支払い猶予や免除されている人を除くと、40%まで落ち込みます。

また女性は家庭にはいる際に厚生年金から外れてしまい、年金の受給金額が変わります。
その場合、基礎年金のみの加入となるため、受給額が5万円まで下がります。
つまり夫婦合わせても、15万円(夫)+5万円(妻)で20万円程度になってしまうのです。

自営業の場合も厚生年金の対象ではないので、
夫婦ともに5万円の受給となり、合計10万円しか受け取れないのです。

65歳まで働いたとしても、現在の平均年齢85歳と考えれば20年分の生活費を貯金しておかなければなりません。
夫婦合わせて20万円では生活がギリギリ、まとまった時間がとれる老後には趣味や旅行を楽しみたいものです。
仕事をリタイアしたとはいえ、税金支払い義務はありますし、老後に増える医療費の準備も必要です。

毎年100万円づつ貯金を切り崩すと考えても、退職までに2000万円の貯金が必要になります。

人生は助け合い。助けてもらうことも考えよう。

28歳で第一子、30歳で2人目のこどもを出産し、32歳でマイホームの購入。
10年で住宅ローンを完遂して43歳から52歳まで教育費を支払い、残りの10年で老後資金を貯める。

人生そんなにうまく行きません。
住宅ローンの返済と教育費の捻出が重なる時期も出てくるでしょう。
多くの人は定年退職する65歳までローンを組むので、老後資金の準備も同時にしなければなりません。

でも、大丈夫。なんとかする方法はあります。

1.頭金は本当に準備できない?

頭金によって借入額を減らすことが、その後の返済を楽にする一番効果的な方法です。
でも、結婚式・ハネムーンで貯金を使ってしまった。
住宅ローンを借りる前に車のローンの清算をしてしまって今お金がない。
など、頭金を用意することが難しい場合もすくなくありません。

妻も大事な収入源
夫と妻で貯金をわけている夫婦の場合は、妻の貯金も頭金に当てられるか検討しましょう。
男性は自分でなんとかしたいという思いが強くでる傾向がありますが、
理想の家庭を築くには、夫婦の協力が不可欠です。
妻も夫に頼り切らず、一緒に返済するつもりで返済計画を立てましょう。

親のすねをかじる
大人になってから親にお金をせがむというのはなかなかできないものです。
しかし、実際に住宅ローンの借り入れ時に親に資金援助をしてもらう人は多いです。

こどもが独り立ちし、夫婦2人に戻ると、これまで必要であった教育費や生活費などが減り
生活に余裕ができる場合が多いです。
親もまた、若い時は親(祖父母)から援助をうけていた経験もあるでしょう。
こどもが資金めぐりに困った場合に備えて貯金や投資をしている人も少なくありません。

若いころ親に頼った分、将来こどもに返すというのが家族の在り方ではないでしょうか?

奨学金の利用率は5割以上

教育費を貯めておかないといけないのは分かっていても
実際どれくらい必要なのかピンとこない人も多いのではないでしょうか?

高校は私立であれば年間100万円前後、公立は40万円前後でしょう。
大学では私立・公立ともに100~150万円、医学部など一部の学部では400万円にもなることもあります。

こどもが2人いれば、毎年車を買い替えるくらいの出費と考えると
教育費の家庭への負担は無視できませんね。

では教育費と住宅ローンは両立できないのでしょうか?
scholarship

このグラフは大学生と大学院生の奨学金利用率です。
大学生では5割弱、大学院まで進んだ学生の6割以上が奨学金を利用して
通学しています。

奨学金を借りることは恥ずかしいことではありません。
学生の2人に1人は奨学金を使って勉強しているのです。

出費が増える時期は奨学金を利用して乗り切り、こどもが独り立ちして
生活に余裕ができたら、あらためて返済すればいいのです。

まじめな人ほど、すべてを自分の力でなんとかしたがるものですが、
人は助け合って生きているものです。苦しい時には人に頼ることも大切です。
また、将来こどもたちが助けを求めてきた時に、
今度はあなたが手を差し伸べてあげればいいのです。

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。