頭金でっかちに注意!頭金0円でも「今」買うべき4つの理由

そもそも頭金ってなんだろう?

住宅ローンを借りる時にあたまを悩まされる「頭金」

でも、そもそも頭金っていったい何?っていう人も多いでしょう。

頭金とは、マイホームを買うときに、住宅ローンとは別に事前に準備しているお金のことです。貯金や親からの贈与などが主なお金となってくるでしょう。

しかし貯金額=頭金ではありません。住宅ローンの諸費用や、引越しのお金、マイホーム購入後の生活資金なども必要となります。

例えば自分の貯金が500万円あれば、

【500万円】-【住宅ローン諸費用 150万円】-【引越し費用 50万円】-【貯金 100万円】=200万円

となります。
もし親からの贈与が受けられるのであれば、

【200万円】+【贈与 300万円】=500万円

500万円が頭金となります。

もし貯金が1000万円あったとしても、住宅購入時に使わないのであれば頭金は0円ということになります。あくまで住宅購入時に支払う予定の金額のことを、頭金と呼んでいるのです。

頭金2割はウソ

住宅ローンの本や、情報サイトではよく「頭金は物件価格の2割~3割必要」とされています。

なんとなく必要そうだから貯めている・・・頭金が足らないからまだ家の購入ははやい・・・という人がよくいますが、これは間違いです。

頭金とは前述したとおり、手持ちの貯金からマイホームの購入時に使おうと考えている金額のことで、法律や契約で「頭金が2割ないと買えません」と定められているわけではありません。

この「頭金2割」と言われるゆえんは、昔は住宅購入額の8割までしかローンを借りることができなく、残りの2割を貯金しておく必要があったからです。

また、住宅購入費の他に、手続きに必要な諸費用、引っ越し費用などを合わせると住宅購入額の3割程度の貯金が勧められていたのです。

しかし現在では事情がかわり、住宅購入額の100%融資を実施する銀行が増えてきました。また、諸費用にかかるお金も借りれる銀行もあり、完全融資100%の銀行もあります。

>>諸費用ローンを借りれる三菱東京UFJ銀行

例えば、3000万円の住宅を購入するには、これくらいお金が必要となります。

【住宅 3000万円】+【諸費用 150万円】+【引っ越し費用 50万円】=3200万円

以前までは、住宅3000万円の2割で600万円と諸費用、引っ越し費用合わせて800万円ほどの貯金が必要でした。しかし、融資を100%してくれる銀行であれば、諸費用と引越し費用合わせて最低200万円あれば家が買えるようになりました。

もちろん融資額が増えれば返済額も増えることは理解しておく必要があります。
しかし、これまでは頭金を貯める為に5年、10年と購入時期を遅らせる必要がありましたが、
融資を100%してくれるのであれば、すぐにでも買えるという人も多いのではないでしょうか?

マイホームを早い時期に手に入れることのメリット

「頭金を用意しないと、返済額が増えるからよくない。」
「頭金がたまるまでは家を買うべきではない」

というのは間違った考え方です。

もちろん、頭金があればあるほど良いでしょう。しかし、頭金を貯める為に「買い時」を逃す方が結果的に損することもあります。

スポンサーリンク

史上最低金利を更新中

現在、マイホームの購入者と住宅ローンの借り換えをする人が増えている最大の理由は、住宅ローンの金利がこれまでのどの時代と比較しても最も低金利で借りられるからです。

何千万という大きな金額を長期間借りることになる住宅ローンは、1%でも金利が違うと返済総額が何百万も変わってきます。

例えば3000万円の借り入れで35年ローンを組んだ場合、金利が1.5%と2.5%では総返済額が640万円も違います。

長期固定金利がお得なフラット35が登場する2003年以前に借り入れしていた人や、期間選択型の固定金利を利用している人はこのケースに当てはまります。

またさらに、2017年の春に消費税の増税が決定しているため、駆け込み需要が増えています。まだ1年半もあるじゃないか・・・と思っている人は要注意です。

住宅ローンの審査には1ヶ月半ほどかかり、実際に融資をうけられるのに2ヶ月は必要です。また一戸建ての場合は、土地の購入や実際に建築する時間があるので、最低でも半年は見ておくべきでしょう。

消費税は、実際に支払う時の税率がかけられるので、もし購入時期が遅れてしまったとなると2%も支払額がふえてしまうことになります。(物件価格3000万円であれば、60万円の増税!)

金利についても同様で、住宅ローンは実際に融資が行われる時の金利が適用されます。審査や融資の実行までには2ヶ月程度の手続き期間が必要となるため、実際には申込み時点の金利とまったく同じ金額が適用されるわけではないのです。

現在の金利の低さと、減税制度を最大限に生かすためにも、できるだけ時間をかけずに住宅ローンの手続きを済ませることが重要なのです。

購入が遅れるほど選択肢が狭くなる

マイホームは人生最大の買い物といえるでしょう。人生の一大転機ともいえるマイホームの購入で妥協はしたくないものです。

収入が多いほど、貯金が多いほど住宅の選択が広がると思われがちですが、その考え方は危険です。実際にマイホームを購入した人の体験談を紹介します。

年齢 40歳
家族構成 夫妻こども2人(12歳、10歳)
年収 600万円
物件 3400万円分譲マンションを購入

昨年、勤務18年目でやっと昇給し年収600万円になりました。こどもも大きくなり今までのマンションでは手狭になったため、長年の夢であったマイホームの購入を決意しました。

これまでこつこつ貯めてきた貯金もあるので、住宅ローンの審査も問題なく通る予定でした。

しかし思わぬところで躓き、実際に家の購入が決まるまで、1年以上かかりました。これほど時間がかかった最大の要因は、購入できる物件の選択肢がとても少なかったことです。

まず、翌年中学校にあがる長女と、次男を転校させたくないという思いから、現在住んでいる地域内から探す必要がありました。

もともと、いつかは家を買いたいという思いはあったので、街や環境はとても気に入っていました。しかし、当初希望していた一軒家をたてられる土地には手が届かず、分譲住宅もピンとくるものがなかなか見つかりませんでした。引越して来た十年前から開発が進み、土地の高騰と分譲マンションが増えていたからです。

こどもが小学校に上がる前にも一度住宅の購入を検討しましたが、収入に不安があったので見送ったのです。今思えば少し無理してでもあのころに購入しておくべきでした。

投資という考え方

実際に住宅を購入した人の意見で「家賃の支払いがもったいない」という声をよくききます。

家族4人で生活するには間取りは2LDK~3DKほどは欲しいでしょう。

平均家賃相場

間取り 東京 大阪
2DK 8.35万 5.51万
3DK 9.94万 6.76万
4DK 12.02万 7.60万

さらにマンションでは管理費がプラス1万円前後、車をもっていれば駐車場代がかかります。駅近やペット可などの条件を加えるとさらにプラスされます。

家賃10万円で10年間暮らすと、合計1200万円も支払うことになります。いつかマイホームを買いたいと考えているのであれば、総返済額が少し増えても、早い時期にマイホームを購入してしまった方が結果的におとくになるケースも少なくないのです。

家賃であれば消えてなくなってしまうお金ですが、資産となるマイホーム購入は、厳しい返済となっても頑張る価値があるでしょう。

でも、住宅ローンの支払額が家賃と大幅に違うと返済が難しくなります。月にいくらまで払えるかを考えながら、家の購入を検討しましょう。

35年返済 固定金利1.5%

月返済額 ローン借り入れ額
6万円 19,590,000
7万円 22,860,000
8万円 26,120,000
9万円 29,390,000
10万円 32,660,000
11万円 35,920,000
12万円 39,190,000

どうでしょう?理想のマイホームを買う為には毎月いくら払う必要がありますか?

首都圏では家賃が10万円以上、地方では8万円以上になると、マイホームの購入を検討する人が多いようです。

老後の生活へ影響

若さは武器とよくいいますが、これは住宅ローンにもあてはまります。もし40歳で35年ローンを組んだとすると、返済満了時には75歳となっています。

年金が支払われる65歳から、さらに10年間ローンの支払をする必要があります。退職後も仕事を続けられますか?65歳からでも同じ給料を稼げますか?

もし30歳から返済を始めれば、65歳で返済を済ませることができます。老後の生活資金も、こどもが独り立ちする55歳前後から貯められるので安心です。

目途がたつなら買ってしまおう

もし、気に入った物件が見つかり、買えそうな目途がたつならば買ってしまいましょう。資金面で不安があるならば、両親の補助を頼んでみてください。

一般社団法人不動産流通経営協会の消費動向調査によれば、実際に住宅購入資金として「親からの贈与」を受けた人の割合は21.3%(平均862.5万円)でした。

援助が不要だったケースを除けば、親に頼めば援助を受けられる人はかなり多くいるようです。たとえば、親から借りてあとから返済するようにすれば、銀行の高い金利を払う必要はありませんし、老後資金がなくなるわけではないので、両親も安心して貸せます。

貯金や収入に見合った住宅を選択することは大切ですが、「購入のタイミング」を間違えると、かえって損することもあるということを覚えておきましょう。

頭金が不要で、長期の返済を検討している人にはフラット35がおすすめです。

長期返済ならフラット35

新しくマイホームを購入する人、固定金利で借り換えたいという方は、長期固定金利が安く借りられるフラット35がお勧めです。

目安として、20年以上の返済期間になる方は固定金利がおすすめです。

通常の住宅ローンの固定金利と比較すると、0.3~0.7%も金利が違います。固定金利は借りた際の金利がずっと続くため「いつ借りるか」が非常に大切です。マイナス金利の影響で、住宅ローン金利が下がっている今は、フラット35の借り入れがしやすい時期になっています!

ただし、フラット35では団信は任意加入のため、団信を利用する際は0.3%の金利上乗せとなります。八大疾病団信をつけるとさらに0.3%追加と、通常プランと変わらなくなってしまうこともあります。金利はもちろん、保証料、保険料、事務手数料などの総返済額でプランを決めましょう。

kinri-schedule

住宅ローンの金利の適用は、契約時ではなく融資が行われた月の金利です。上の図の場合、申し込みは1月にしていますが、融資が行われたのは2月なので、2月の金利が適用されます。住宅ローンは申し込み手続きや審査などで1ヶ月くらいはかかります。申し込みと手続きをできるだけ早く進めておきましょう!

フラット35おすすめBEST3!

aruhi_logo

15~20年 1.02 %
21~35年 0.98 %
事務手数料 借入額x1.08%

ARUHIはフラット35専門取扱い銀行として、全国シェアNO.1の銀行です。フラット35業界の中でもっとも古くから取り扱っていることから、確かなノウハウと充実したサポートが期待できます。10割融資やフラット50といった他の銀行ではないプランもあるため、状況に合わせた最適なプランを選択できます。

特に、自己資金が20%以上のユーザーは金利が0.1%安くなります。(ARUHIスーパーフラット)これは国内のフラット35では、最も安く借りれるプランです!※ARUHIスーパーフラットでは、事務手数料が2.16%

またARUHIは手続きが非常に速いことでも有名で、仮審査は最短で当日、本審査も最短3日と圧倒的です。フラット35の借り入れを検討している方であればまず申込みしておくべき銀行のひとつでしょう。

  • フラット35シェアNO.1の人気と低金利
  • 自己資金20%以上で金利が0.1%安くなる!
  • 豊富なプランとノウハウで安心のサポート
  • 本審査が最短3日!圧倒的スピード手続き

ARUHIフラット35公式HP

rakuten_logo

15~20年 1.02 %
21~35年 1.08 %
事務手数料 借入額x1.08%
借入額x0.756%(借り換え)

amazonと並ぶ日本最大のネット通販を運営する楽天が提供する住宅ローンです。ネット通販の価格の安さを住宅ローンにも持ち込み、業界最安金利で住宅ローンを借りれます。

楽天銀行は手数料が一番安いのもおすすめのポイントです!フラット35の借り換えを検討している人には最適な銀行でしょう。

さらに、契約後は楽天での買い物に追加ポイントがもらえたり、サービス優待がもらえるなど、他の銀行にはない特典がつきます。

  • ネット銀行ならではの低金利
  • 手数料が他銀行と比較して格段に安い
  • 楽天ポイントアップや楽天グループのサービスで優待が受けられる特典が豊富

楽天銀行フラット35公式HP

sbi_logo

15~20年 1.02 %
21~35年 1.08 %
事務手数料 借入額x1.08%※2

住宅ローン業界で人気NO.1の住信SBIネット銀行が、新たにフラット35の提供を開始しました。ネット銀行というと、手続きが難しくて敷居が高い、名前の聞いたことのない銀行で不安だという印象もありますが、住友グループをバックボーンとする住信SBIネット銀行であれば安心です。

フラット35取扱い銀行の中でもっとも金利が安い住宅ローンプランであり、新規・借り換えともにおすすめです!

  • フラット35取扱い銀行の中でもっとも金利が安い
  • 住友グループのバックアップがあり借り入れが安心
  • 通常プラン・フラット35ともに住宅ローン業界人気NO.1

住信SBIネット銀行銀行フラット35公式HP

短期返済・借り換えなら変動金利

変動金利は金利が安いのが魅力ですが、金利が上昇し、返済額が増えるリスクがあります。短期間で返済するという人や、借入金額が少ない借り換えの方であれば、金利の安い変動金利を利用して、お得に返済しましょう。目安として、20年以内に返済できる方は変動金利がおすすめです。

三菱東京UFJ銀行の変動金利の変動金利のように金利に幅のある銀行や、3年固定、5年固定、10年固定のような短期間の固定金利は避けましょう。固定期間が終了すると、通常の金利よりも割高な金利が適用されます。

変動金利を借りるなら、金利が安くサービスの充実しているネット銀行がおすすめです。

変動金利おすすめBEST3!

sbi_logo

変動金利 0.444 %
10年固定 0.64 %
事務手数料 借入額x2.16%

「金利の安さ」で人気が広がるネット銀行のなかでも特に注目されているのが住信SBIネット銀行です。最大の魅力は業界で1位の金利の低さです!短期間で一気に返済するという人や、借り換えの人におすすめです。

また住信SBIネット銀行のもうひとつの強みは「全疾病保障付団信が無料」です。住宅ローンの借り入れに必須の団信は総額170万円相当になりますが、住信SBIネット銀行であれば無料で利用できます。

  • 業界1位の低金利!0.444 %!
  • 170万円相当の全疾病保障付団信が無料!
  • 来店相談も可能。ネット銀行でも借り入れが安心。

住信SBIネット銀行銀行公式HP

【来店相談】
やはり住宅ローンは相談しながらじっくり決めたいという方は、お店で担当者と個別相談にのってもらうことができます。

新宿 秋葉原 大阪
名古屋 浜松 福岡

個別相談の申し込みはこちら

じぶん銀行

変動金利 0.497 %
10年固定 0.59 %
事務手数料 借入額x2.16%

じぶん銀行は、三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同で融資する、ネット銀行です。変動金利が業界トップの安さで、借り換えユーザーに人気の住宅ローンです。

さらに、がんと診断された時点で残ローンが半分になるがん1/2保障が無料でついてきます。住信SBIネット銀行の全疾病保障は対象が幅広いものの、適用条件が「就業不能状態」と非常にハードルが高いというデメリットがあります。一方でじぶん銀行のがん保障は「診断時」に即座に適用されます。

また、じぶん銀行は完全ネット完結型の住宅ローンで、契約書の捺印や郵送などの手間が一切ありません。手間の省略に加えて、収入印紙2万円なども節約できるのでとても嬉しいです。

  • 変動金利が業界最安値
  • がん1/2保障が無料
  • 完全ネット完結型!収入印紙2万円の節約も

じぶん銀行公式HP

イオン銀行

変動金利 0.57 %
10年固定 0.69 %
事務手数料 借入額x2.16%

イオン銀行は、変動金利がとても安く借りられ、借り換えにおすすめの住宅ローンです。イオン銀行で住宅ローンを借りると、イオンカードがゴールドカードに昇格され、イオンでのお買い物が5%OFFになります。また旅行傷害保険の無料付与、全国のイオンラウンジの利用権が得られるという特典もつきます。

イオンでお買い物を良くされる方なら、生活費を抑えられるため、他の住宅ローンよりもかなりお得になります。核店舗にイオン銀行の店舗があり、相談やATM利用がしやすいのも嬉しいです。

  • 金利が低く、借り換えに最適
  • イオンのお買い物が5%OFF
  • 支店やATMが多くて便利

イオン銀行公式HP

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。