2月も再び住宅ローン金利が安くなる!【最新金利速報】

2月住宅ローン金利安い

2月は住宅ローン申込みラッシュ!金利もさらに安く!。

名称 変動金利 10年固定 30年固定 事務手数料 保証料 団信 繰上返済 詳細
じぶん銀行 0.497% 0.5% 2.02% 借入額x2.16% 無料 無料 無料 詳細
住信SBIネット銀行 0.497% 0.56% 1.21% 借入額x2.16% 無料 無料 無料 ※1 詳細
イオン銀行 0.57% 0.59% - 借入額x2.16% 無料 無料 無料 詳細
みずほ銀行 0.6% 0.8% - 32,400円 金利+0.2% 無料 無料 詳細
カブドットコム証券 0.58% 0.55% - 借入額x2.16% 無料 無料 無料 詳細
新生銀行 0.95% 1.05% 1.85% 54,000円 無料 無料 無料 詳細
りそな銀行 0.625% 0.85% - 32,400円 金利+0.2% 無料 無料 詳細
三菱東京UFJ銀行 0.625% 1.25% - 32,400円 金利+0.2% 無料 無料~16,200円 詳細
※1固定金利特約期間中の場合は32,400円(税込)

2月は毎年、住宅ローンの申込みが非常に多くなる時期と言われています。というのも、4月からの新学期や新しい職場、新生活スタートに合わせて、マイホームの購入と引越しを考えている人が多くなるからです。住宅ローンの申込みや審査、手続きには平均1ヶ月ほどかかりますから、引越しの準備も計算にいれると、2月末までに家の購入の準備は済ませておきたいです。

・・・っというのは言われなくても皆さんわかっていることと思います。しかし筆者がここで忠告したいのは、ギリギリまでスケジュールを伸ばすのはリスクが伴うということです。というのも、1月末~3月中旬まで、住宅ローンの申込み件数は毎年非常に多くなり、銀行の受け付けがパンクすることもあるからです。

スポンサーリンク

2月は申込み件数が2倍以上!?

2月住宅ローン検索数2倍

このグラフはグーグルトレンドという、web上で「住宅ローン」について検索をしている人がどれくらいいるのか、時期ごとに比較したものです。1月~3月にグラフがぐーんと伸びているのが一目でわかると思います(12月末に落ち込んでいるのはみなさんお正月休みにはいるからですね)。昨年の2月のピーク時には、他の月の約2倍ほどの検索数となっています。

1月アクセス数2倍

続いてこのグラフは、当サイト(住宅ローンの教科書)のアクセス数です。こちらも年明けから訪問数が一気に伸びているのがわかりますね。12月の平均値と比較すると、1月は約1.8倍ほどのアクセスをして頂いています(ありがとうございます!)。また、当サイトを経由して実際に住宅ローンの申込みや手続きをした人も同様に、12月から1月で約1.8倍に増えています。

とにかく、1月から3月にかけて住宅ローンの申込みをする人が増えるということは理解してもらえたと思います。では申込者が増えるとどうなるのでしょうか。筆者の知人が新生銀行に勤めており、その情報をもとに解説していきます。

2月金利低下傾向

2015年の1月は住宅ローンの申込みが増える時期に加えて、金利が非常に低くなっていました。というのも、アメリカの金利がガクンと下がった影響が日本にも波及し、住宅ローンがとても借りやすくなったからです。新生銀行に勤める友人いわく、例年この時期は問い合わせがふえるため、アルバイトなどを増員して対応は図ったものの、2015年の1月は予想以上の問い合わせとなって、一時受け付けを待ってもらうことにもなったそうです。実際に、新生銀行ではこれ以上対応ができないということで、広告も一時的に減らしていました。

住宅ローンの審査は、銀行はもちろん、保険会社や不動産屋との確認などさまざまな手続きが必要で、とても時間がかかります。住宅ローンの申込みの増加にともない、審査や手続きの時間が平時よりも時間がかかることがあります。通常2週間で返事ができるところ、1ヶ月待ってもらったということもあったそうです。

住宅ローンの申込みを予定している人にとって、受付や手続きが遅れるのは非常に困ります。マイホームの購入や引越しが遅れるのはもちろん、現在住んでいる家の引き払いの手続きもあります。もし3月までの引越しを予定していたのに、銀行の融資が4月まで遅れてしまったらどうなるでしょう。4月分の家賃が増えることになりますし、もしかしたら1ヶ月のために更新料や手間料などを求められるかもしれません。

また、住宅ローンの申込み需要が増えるこの時期には審査の融通がきかなくなる時期でもあります。審査に不安のある人にとってはやや不利な時期かもしれません。銀行は現在、非常に多くの問い合わせが寄せらており、通常時よりも個別の対応になかなか時間を割けない状態になっています。そこでもし審査に問題のある申込みがあった場合どうなるでしょうか。平時であれば、別のプランを提案してもらったり、なんとか温情でおまけしてもらったりといった交渉ができるかもしれませんが、忙しい時期にはいちいち対応できないというのが本音でしょう。

審査の基準に達しないのであれば融資額を減らす、どうしても審査がクリアできなければバッサリと審査落ちにされてしまうでしょう。もちろん審査基準を満たしている人であれば問題はありません。

  • 1月~3月は審査・手続きが遅れがち。早めの申込みを!
  • 忙しい時期には審査が厳しくなる。審査準備をしっかりとしましょう。

2月の金利はさらに微下降。値下げ競争が激化!

住宅ローンの申込みが増える2月は銀行にとって繁忙期です。できるだけ多くのお客さんを捕まえる為に、各銀行で金利の値下げ競争が激化しています。一足先に金利を発表したソニー銀行の金利をもとに2月の金利を予想しましょう。

金利タイプ 期間 11月 12月 1月 2月
変動金利 0.839 0.839 0.839 0.839
固定金利 2年 0.685 0.676 0.672 0.671
3年 0.695 0.680 0.676 0.674
5年 0.769 0.744 0.733 0.726
7年 0.876 0.846 0.826 0.81
10年 1.030 1.001 0.967 0.965
15年 1.456 1.435 1.393 1.351
20年 1.668 1.655 1.61 1.564
20年超 1.822 1.815 1.769 1.714

引き下げ率は大きくはありませんが、5ヶ月連続で金利を下げており、2月も低金利が続くことになりそうです。恐らく3月もこのまま低金利となるでしょう。銀行も繁忙期となる3月までを対象とするキャンペーンを続々と打ち出しており、とても借りやすい時期となっています。

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行

sbi20160118
住信SBIネット銀行では借り換えの方に3月まで特別金利が適用され、変動金利が0.569%と業界最安値です(通常時マイナス0.019%)。2000万円、20年返済と仮定すると、0.588%(通常時)と0.569%(キャンペーン中)を比較すると総返済額で39,622円の差となります。さらにオプションとして付けると200万円相当する団体信用生命保険が無料で利用できるのも魅力的です。さらにさらに、キャンペーンとして現金1万円プレゼントもしています。単純に他の月に借りる場合と比較しても5万円も節約できるのですね。

また新しくマイホームを購入する方が利用しやすい、長期返済の固定金利が安いフラット35では、3月末までのキャンペーン期間中は事務手数料が通常2.0%のところ、1.3%に引き下げられます。3000万円の借り入れであれば、2.0%で計算すると60万円の費用がかかりますが、1.3%であれば39万円となります。21万円も安くなりますね。

キャンペーン詳細はこちら

住信SBIネット銀行キャンペーン中

ARUHI
ARUHI
フラット35の専門銀行であるARUHIでは、フラット35の当初5年間の金利を0.3%引き下げるキャンペーンを行っています。フラット35とは、国が主導で特定の銀行と提携してサービスを提供しているプランであり、長期固定金利が非常に安く借りられます。

引越しや諸費用などで出費の多くなるはじめの年から5年間金利が安くなる=出費が減るので、とても嬉しいキャンペーンです。2000万円、20年ローン、金利1.21%の場合、毎月返済額は93,864円となりますが、キャンペーンが適用される5年間は91,178円となり、毎月約2000円引き下げられます。5年間の合計では、279,569円オトクになることになります。28万円も安くなるのは見逃せませんね。

キャンペーン詳細はこちら

キャンペーン中

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。