3月住宅ローンは0.2%引き下げ!マイナス金利で史上最低金利

メガバンク・ネット銀行ともに金利引き下げ

マイナス金利導入の影響を受け、住宅ローンの3月金利は変動金利、固定金利ともに大幅に引き下げられました。大手銀行からネットバンクまで、平均で0.2%前後の引き下げとなり、非常に住宅ローンの借りやすい月となりました。まずは2月と3月でどれくらい金利が変わったのか、比較してみます。

スポンサーリンク

2月と3月の住宅ローン金利比較

2月住宅ローン金利
変動金利 3年 5年 7年 10年 15年 20年 30年
住信SBIネット銀行 0.569 0.51 0.5 0.8 0.79 1.17 1.25 1.59
新生銀行 0.53 0.8 0.85 0.9 1.1 1.3 1.35 1.95
楽天銀行 0.658 0.978 1.012 1.098 1.246
みずほ銀行 0.625 0.8 0.8 0.9 1.05 1.75 1.8 1.81
三菱UFJ銀行 0.625 1.25 1.35 1.5 1.05 2.35 2.8
ソニー銀行 0.539 0.774 0.826 0.91 1.065 1.451 1.664 1.814
りそな銀行 0.569 1.05 1.15 1.25 0.75 2 2.55
イオン銀行 0.57 0.38 0.5 0.79

3月住宅ローン金利
変動金利 3年 5年 7年 10年 15年 20年 30年
住信SBIネット銀行 0.565 0.51 0.5 0.58 0.59 0.95 1.06 1.42
新生銀行 0.6 0.95 0.95 1 1.1 1.25 1.3 1.9
楽天銀行 0.59 0.75 0.775 0.883 1.074
みずほ銀行 0.625 0.75 0.75 0.8 0.8 1.55 1.6 1.61
三菱UFJ銀行 0.625 0.45 1.15 1.25 0.8 1.25 2.65
ソニー銀行 0.519 0.754 0.806 0.89 0.965 1.351 1.564 1.714
りそな銀行 0.569 0.9 1 1 0.5 1.85 2.4
イオン銀行 0.57 0.38 0.5 0.79

※うすいピンクは、先月より金利の下がったプランです。
※濃い赤は、先月より金利の上がったプランです。

まず、あまり大きく金利を引き下げない大手メガバンクの三菱UFJ銀行と、みずほ銀行が大幅に低金利を付けたことに注目が集まりました。固定10年はネット銀行とそん色ない0.8%という強気な姿勢が見えます。三菱UFJ銀行がキャンペーンとして3年固定を0.45%まで下げていますが、あまり利用価値のないプランなので、広告色が否めないのは残念です。大手銀行はやはり勤め先の会社の取引先銀行となっていることが多く、審査に通りやすく安心なので、利用しやすいのが大きなメリットです。

しかし、やはりネット銀行はさらに大きく金利の引き下げをしており、多くの銀行で史上最低金利を更新しています。特に住信SBIネット銀行は、今もっとも人気の銀行でしょう。変動金利は0.565%と全銀行の中でもトップクラスの低金利になっています。住信SBIネット銀行の強みは、金利の低さもありますが、団信が無料というサービスをしており、総額で計算すると他銀行をさらに引き離して圧倒的な安さになります。

住宅ローンは金利に注目が集まりがちですが、保険や手数料といった諸費用も馬鹿にならないです。最近では金利の値下げ競争が激化しており、金利を下げる代わりにあまり注目を浴びない手数料を値上げして帳尻合わせするという、抜け道を使う銀行が増えています。住宅ローンを契約するための必須条件となっている団信もそのひとつです。団信は前払いと、毎月支払いに上乗せして分割払いする2つのプランから選択できますが、総支払額は180万円ほどにもなります。変動金利はソニー銀行の方が0.04%低いのでお得なように見えますが、この180万円相当の団信を無料で利用できるので、総返済額で見ると住信SBIネット銀行のが安くなるのです。

住信SBIネット銀行公式HP

新生銀行は実質値上げ

3月の金利発表で注意したいのが、マイナス金利の影響により全銀行で金利を引き下げている中、新生銀行だけは実質金利の引き上げとなっているプランがあります。新生銀行の変動金利、固定3年、固定5年、固定7年は2月の金利よりも0.15%引き上げとなりました。

これは、もともと新生銀行が2月に借り入れた際に表示金利から0.15%引き下げるというキャンペーンをしていたからで、キャンペーン終了してしまったため実質値上げという状態になっています。マイナス金利の影響で固定10年は金利も下げられたのでプラスマイナス0、固定15年以上はキャンペーン分以上の引き下げがされたため、やや低下となっています。

3月も新生銀行は、事務手数料100,800円分を無料にするキャンペーンを行っていますが、先月の0.15%金利引き下げキャンペーンと比較するとややパンチに欠ける印象です。とはいえ10万円は大きいので、新生銀行を検討している方はチェックしておいてください。

パワースマート住宅ローン 事務取扱手数料無料キャンペーン
housing_campaign_mv

フラット35は全銀行・全プラン引き下げ

3月フラット35金利比較
フラット35 フラット35s
15-20年 21-35年 5年 6-10年目 11年目-
住信SBIネット銀行 1.02 1.25 0.72 0.72 0.72
楽天銀行 1.02 1.25 0.72 0.72 1.05
ARUHI 1.02 1.25 0.72 0.72 1.05
イオン銀行 1.02 1.25
りそな銀行 1.02 1.25

マイナス金利の導入にともない、フラット35を取り扱う全銀行が、2月対比で0.2%前後の大幅な金利引き下げを実施しました。フラット35は国の運営する機構と銀行が提携して提供するサービスで、長期固定金利を非常に安く借りられる優遇サービスです。

メガバンクであるみずほ銀行の30年固定金利が1.61%、三菱UFJ銀行の30年固定金利が1.714%のところ、フラット35は1.25%と、約0.4%ほど安く借りることができます。

みずほ銀行 フラット35
借入金額 3000万円 3000万円
金利 1.61% 1.25%
期間 30年 30年
毎月返済額 105,126円 99,975円
総返済額 37,845,577円 35,991,009円

みずほ銀行の30年固定金利とフラット35を比較した場合、毎月の返済額は5000円ほど下がり、総返済額では185万円も差ができます。住宅を購入すると、実際には住宅ローンの返済だけではなく、マンションの管理費や駐車場代などさらに3万円前後の住宅費が必要となります。賃貸の家賃と同じくらいの額なら大丈夫だろうと勘違いして、痛い目をみないように気を付けましょう。少しでも安いプランを選ぶことで、家計が非常に楽になります。

フラット35の特徴として、団信が不要という特徴があります。団信を利用しないという方であれば、180万円相当の費用を削減できるので、メリットとなりますが、団信をつけたい人は別途申し込みが必要になります。フラット35は団信が不要とはいえ、もし団信に加入しない場合は、連帯債務者(一般的には配偶者か家族)を立てる必要があります。契約者にもしものことがあった場合、家族に負債を残すことになってしまうので、慎重に検討しましょう。

フラット35sは、耐震構造の物件や、太陽光発電パネルの設置、バリアフリー住宅、エコ住宅などで一定の条件を満たした場合、国から補助をうけられ、金利の安いプランで住宅ローンを借りることができます。フラット35は全銀行同じ金利をつけていますが、フラット35sの場合、住信SBIネット銀行のプランのみ他の銀行より低い金利をつけています。

【フラット35s】
15~20年 年0.72%
21~35年 年0.95%

21年以上のフラット35sを借りる場合は、金利が安くなる住信SBIネット銀行がおすすめです。

住信SBIネット銀行公式HP

マイナス金利の導入の影響で住宅ローンがどこまで下がるのか注目を集めていた3月の住宅ローンは、総合的に見て、変動・固定・フラット35のいづれも住信SBIネット銀行が頭ひとつぬけてお得になりそうです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。