いまさら聞けない!マイナス金利が騒がれている理由

march-negaive-interest_main

住宅ローン金利が過去最低を記録

2月5日の東京債券市場で、10年国債が過去最低の一時0.025%まで低下しました。1月29日の日銀がマイナス金利導入の発表によって、急落した後も継続して買いが進み、過去最低を記録しました。

10年国債の利率は、長期金利の指標とされており、2016年内は住宅ローンの金利低下が続きます。

10gvnbonds201602

マイナス金利が~とか、経済が~という難しい話がわからない人でも、このグラフを見れば急激に金利が落ちることが簡単に想像できると思います。マイナス金利のニュースでもちきりなのがわかりますね

住宅ローンの金利は、日本国債の金利に約0.5%を上乗せするという単純な仕組みです。国債の金利が下がれば、住宅ローンの金利も下がるのです。上の表でみれば、0.2%から0.05%くらいまで下がっているので、住宅ローンの金利も0.15%程度下がると予想できます。

スポンサーリンク

マイナス金利とは?

「マイナス金利」のニュースをテレビやインターネットで大きく取り上げられていますが、マイナス金利が何かと聞かれて説明できる人は多くないと思います。

今回の日銀の発表の「マイナス金利」導入は、民間銀行が日銀に預けている一部の預金が対象です。一般家庭が銀行に預ける預金の金利がマイナスとなって、お金を払わないといけなくなるわけではありません。

銀行は企業や家庭から預金を預かり、そのお金を別の借りたい人へ貸し出すことで、差分の利子で「儲け」をだしています。しかし、企業や家庭が預けるお金と貸し出し金額がイコールとなることはないので、余ったお金を日銀に預けるという方法を取っています。つまり、日銀は銀行の銀行というわけです。

この日銀へ預けている超過分のお金に、マイナス金利がかかるようになる、つまり預けているとお金が減っていくことになるのです。
銀行の貸し出し金額は預金額の70%程度、地方銀行では50%しかないと言われています。100億円の預金を受け付けているのに、貸し出しは70億円分しかなく、残りの30億円を日銀に預けている状態です。

マイナス金利導入は銀行にとって非常に厳しい政策といえます。

マイナス金利導入の影響は?

まずは日銀からの視点・思惑をみていきましょう。銀行が日銀にお金を預けると、マイナス金利のため預ければ預けるほど損することになります。その為、銀行は貸出金利を下げるなどして、もっと企業や家庭にお金を借りてもらうように動きます。

お金が借りやすくなれば、企業は事業拡大や設備投資をしやすくなりますし、金利が下がれば住宅ローンを借りやすくなるので、消費が増えるというわけです。

しかし実際のところ、市場はどのように動いているのでしょうか?

まず銀行は、定期預金の金利を引き下げました。これ以上、預金を受け付けてもマイナス金利なので損が増える一方だからです。また、余ったお金で、信用性の高い国債の買いが進んでいます。

お金が市場に流れるようにしたい日銀と、金利を下げたくない銀行が国債の買い合い状態になっているのです。

実際に日銀は5日午前10時10分付けで、国債買い入れ通告をし、1兆2700億円の買い入れを予定しています。物価上昇率2%を達成するために日銀の黒田総裁は、さらなるマイナス金利の引き下げも検討しています。

住宅ローンの金利は下がる?

投資家や銀行が一気に国債を買いこんだため、10年国債の利率が急落しています。長期的には利率は再度上がるでしょうが、当面は低金利が続きそうです。

10年国債の利率低下にともない、住宅ローンの金利も下げざるをえないというのが現状です。

マイナス金利の導入はプロのトレーダーや銀行マン、経済学者の間でも評価が分かれていますが、とりあえず金利が下がるということは、私たちにとっては嬉しいニュースです。

変動金利がおトクな銀行

特に変動金利で借りようと考えている人であれば、今の低金利のうちに返済を進めてしまった方が有利です。日銀の黒田総裁は、物価上昇率2%の達成のためにまだまだ金融緩和を続けると予想されます。短期間で早く返してしまう人、借り換えを検討している人は、金利の安い変動金利で一気に返してしまいましょう。

【じぶん銀行】

じぶん銀行

変動金利 0.497 %
10年固定 0.5 %
事務手数料 借入額x2.16%

じぶん銀行は、三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同で融資する、ネット銀行です。変動金利が業界トップの安さで、借り換えユーザーに人気の住宅ローンです。

さらに、がんと診断された時点で残ローンが半分になるがん1/2保障が無料でついてきます。住信SBIネット銀行の八疾病保障は対象が幅広いものの、適用条件が「就業不能状態」と非常にハードルが高いというデメリットがあります。一方でじぶん銀行のがん保障は「診断時」に即座に適用されます。

また、じぶん銀行は完全ネット完結型の住宅ローンで、契約書の捺印や郵送などの手間が一切ありません。手間の省略に加えて、収入印紙2万円なども節約できるのでとても嬉しいです。

  • 変動金利が業界最安値
  • がん1/2保障が無料
  • 完全ネット完結型!収入印紙2万円の節約も

じぶん銀行公式HP

【住信SBIネット銀行】

sbi_logo

変動金利 0.497 %
10年固定 0.56 %
事務手数料 借入額x2.16%

「金利の安さ」で人気が広がるネット銀行のなかでも特に注目されているのが住信SBIネット銀行です。最大の魅力は業界で1位・2位を争う金利の低さです。短期間で一気に返済するという人や、借り換えの人におすすめです。また住信SBIネット銀行のもうひとつの強みは「8疾病保障付団信が無料」です。住宅ローンの借り入れに必須の団信は総額170万円相当になりますが、住信SBIネット銀行であれば無料で利用できます。

  • 業界1位の低金利!
  • 170万円相当の8疾病保障付団信が無料!
  • 来店相談も可能。ネット銀行でも借り入れが安心。

住信SBIネット銀行銀行公式HP

【来店相談】
やはり住宅ローンは相談しながらじっくり決めたいという方は、お店で担当者と個別相談にのってもらうことができます。

新宿 秋葉原 大阪
名古屋 浜松 福岡

個別相談の申し込みはこちら

【イオン銀行】

イオン銀行

変動金利 0.57 %
10年固定 0.59 %
事務手数料 借入額x2.16%

イオン銀行は、変動金利がとても安く借りられ、借り換えにおすすめの住宅ローンです。イオン銀行で住宅ローンを借りると、イオンカードがゴールドカードに昇格され、イオンでのお買い物が5%OFFになります。また旅行傷害保険の無料付与、全国のイオンラウンジの利用権が得られるという特典もつきます。

イオンでお買い物を良くされる方なら、生活費を抑えられるため、他の住宅ローンよりもかなりお得になります。核店舗にイオン銀行の店舗があり、相談やATM利用がしやすいのも嬉しいです。

  • 金利が低く、借り換えに最適
  • イオンのお買い物が5%OFF
  • 支店やATMが多くて便利

イオン銀行公式HP

固定金利がおトクな銀行

固定金利であれば、最初の契約金利が返済完了時まで変わらず続きますから、できるだけ低金利の時に借りたいです。まだいつ買おうか決めていないという人は、マイナス金利導入の影響で金利が下がるタイミングを狙いたいです。しかし、2017年の4月には消費増税が控えており、それまでには購入したいですね。

【楽天銀行フラット35】

rakuten_logo

15~20年 1.03 %
21~35年 1.1 %
事務手数料 借入額x1.08%
借入額x0.756%(借り換え)

amazonと並ぶ日本最大のネット通販を運営する楽天が提供する住宅ローンです。ネット通販の価格の安さを住宅ローンにも持ち込み、業界最安金利で住宅ローンを借りれます。他銀行と比較して手数料が安いので、フラット35の借り換えを検討している人には最適な銀行でしょう。さらに、契約後は楽天での買い物に追加ポイントがもらえたり、サービス優待がもらえるなど、他の銀行にはない特典がつきます。

  • ネット銀行ならではの低金利
  • 手数料が他銀行と比較して格段に安い
  • 楽天ポイントアップや楽天グループのサービスで優待が受けられる特典が豊富

楽天銀行フラット35公式HP

【住信SBIネット銀行フラット35】

sbi_logo

15~20年 1.03 %
21~35年 1.1 %
事務手数料 借入額x1.08%※2

住宅ローン業界で人気NO.1の住信SBIネット銀行が、新たにフラット35の提供を開始しました。ネット銀行というと、手続きが難しくて敷居が高い、名前の聞いたことのない銀行で不安だという印象もありますが、住友グループをバックボーンとする住信SBIネット銀行であれば安心です。フラット35取扱い銀行の中でもっとも金利が安い住宅ローンプランであり、新規・借り換えともにおすすめです!

  • フラット35取扱い銀行の中でもっとも金利が安い
  • 住友グループのバックアップがあり借り入れが安心
  • 通常プラン・フラット35ともに住宅ローン業界人気NO.1

住信SBIネット銀行銀行フラット35公式HP

【ARUHIフラット35】

aruhi_logo

15~20年 1.03 %
21~35年 1.1 %
事務手数料 借入額x2.16%

ARUHIはフラット35専門取扱い銀行として、全国シェアNO.1の銀行です。フラット35業界の中でもっとも古くから取り扱っていることから、確かなノウハウと充実したサポートが期待できます。10割融資やフラット50といった他の銀行ではないプランもあるため、状況に合わせた最適なプランを選択できます。またARUHIは手続きが非常に速いことでも有名で、仮審査は最短で当日、本審査も最短1日と圧倒的です。フラット35の借り入れを検討している方であればまず申込みしておくべき銀行のひとつでしょう。

  • フラット35シェアNO.1の人気と低金利
  • 豊富なプランとノウハウで安心のサポート
  • 融資まで最短10日!圧倒的スピード手続き

ARUHIフラット35公式HP

住宅ローン人気ランキング

住宅ローン人気ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。