日経平均21,000オーバー住宅ローン金利上昇に注意!

日経平均が10日連続で続伸し、21,000円をオーバーとなっています。

これは、バブル崩壊以降では最も高い水準となっており、住宅ローン金利上昇に繋がることも予想され注視しています。

20年ぶりの最高値

  • 2000年4月:20,400円(ITバブル)
  • 2007年7月:18,200円(不動産・石油バブル)
  • 2015年8月:20,700円(アベノミクス)
  • 2017年10月:21,000円(アベノミクス)

2000年のITバブル時の20,400円や、リーマンショック前の最高値18,200円などを大きく上回り、21,000円の大台に乗ったのは非常に大きなインパクトとなっています。

  • アベノミクス継続に期待
  • リスクオンの高値更新が続く
  • 北朝鮮リスクが一服
スポンサーリンク

アベノミクス継続に期待

10月22日に投開票が予定されている衆院選挙では、希望の党の失速や野党の不振により、自民党が最大300議席を超える大勝との見方が強まっています。

自民党が大勝すればすなわち、4年間の安定的な政権運営とアベノミクスの継続となります。2020年にひかえる東京オリンピックの経済効果なども考えれば、景気の上向きに期待ができると市場は見ているのでしょう。

リスクオンの高値更新が続く

投資家は基本的に、安い時に買って、高い時に売ります。株価が1万円の時に買い、2万円になった時に売れば、差額の1万円が儲けとなるわけです。

では何を基準に、高い安いというのを判断しているのでしょうか?

世界情勢や経済ニュースなどはもちろんですが、過去の最高値・最安値は非常に意識されやすい目安になっています。

実際に、2015年8月には20,700円まで上昇していましたが、そこから一転して下落傾向になり、半年後の2016年2月には15,000円まで落ちています。

これはつまり、過去の最高値であった2000年4月の20,400円が意識されたと言えます。

過去の最高値に達してもなお続伸して21,000円を超えたということは、非常に大きな意味を持ちます。

意識されやすく売りの入りやすいリスクのある高音でもなお、買い注文が増加しているということになり、さらに株価が急上昇する可能性があります。

北朝鮮リスクが一服

今年に入ってから緊張が高まっていた北朝鮮リスクが一服したというのも、株高の要因となっています。

核実験やミサイル挑発などを繰り返す北朝鮮ですが、現在のところ実質的な被害はでておらず、軍事衝突にまで発展しているわけではありません。

北朝鮮としても本当にアメリカと戦争する力はありませんし、アメリカ側もリスクを負ってまで軍事行動するメリットはありません。経済制裁・支援の交渉に落ち着くのではないでしょうか。

経済的なダメージは皆無ですから、リスクがなくなれば株が上がっていくのが自然ですね。

株高で住宅ローン金利が上昇!?

株価と住宅ローン金利は、緊密な関係性があります。

景気が良くなり株価が上昇していくと、住宅ローン金利も上昇する可能性があります。

金利が上がれば、返済額が高くなってしまいますので、これから住宅ローンを借りようと検討されている方には、注目してもらいたいです。

株価と投資家の動き

投資家は、現金をあまり持ちません。例えば、3億円の宝くじが当たったとして、あなたは現金で家に保管しますか?泥棒に盗まれてしまったり、火事や災害で失ってしまうリスクを考えると、家において置かず銀行に預けるという方が大半だと思います。

とはいえ、銀行の預金は安全なものの、資産運用としてはあまり活用されません。普通預金の金利は現在は0.001%ですから、10万円預けても1年に1円しか利息が貰えません。

そこで投資家は、もっと利率の高い国債などを購入して資産管理をしているのです。現在の日本国債の利率は0.05%~0.1%ほどですから、銀行の普通預金と比べると50~100倍も効率が良いわけです。

金融商品 利率
普通預金 0.001%
日本国債 0.05~0.1%
株(配当金) 1~5%

さらに、効率が良いのが株の配当金です。これはどの株をかうかによっても異なりますが、最大で5%もの配当金を受け取れるものもあります。100万円の株券を持っていれば、年間5万円も配当金を受け取れるわけです。

ただし、株は常に上下動していますから、下落には注意が必要です。株価が半減してしまえば、50万円の損失になってしまいますから、5万円の配当金を貰っても大損ですね。

このため、投資家は景気の良い時は株を購入し、景気が悪くなると安定的な国債に資金を移す傾向にあります。

  • 好景気:国債を売って株を購入
  • 不景気・株を売って国債を購入

株価と住宅ローン金利の関係

住宅ローンの金利は、国債の利率を基準に決められています。国債の利率+1.0%(仮)といった具合です。

国債の利率が1.0%であれば、住宅ローンの金利は2.0%に設定されるわけです。ただし、これは法律などで決められているわけではないので、各銀行で多少のズレがあります。

このため、国債の利率が上がると、住宅ローンの金利も上がります。もちろん逆に国債の利率が下がれば、住宅ローンも安くなります。

国債 住宅ローン
1.0% 2.0%
1.5% 2.5%
2.0% 3.0%

国債と密接なつながりのある住宅ローン金利は、すなわち株価にも影響されると言うわけですね。

景気が良くなると投資家は国債を売って、株価を購入します。つまり株価が高まっている今は、投資家が国債を売っていると考えられます。

国債は売られると利率が上がりますから、住宅ローンの金利も上昇することになります。

株高=国債の金利上昇=住宅ローン金利の上昇、ということになります。

上昇が続くかはまだ分からない

株価が21,000円を超えたことは、非常に大きなニュースですが、必ずしも継続して伸びていくとは限りません。

アベノミクスによって急上昇した株価も、2015年8月にはITバブルの最高値を超えて20,700円をつけましたが、その後急落していきました。

今回はさらに高い水準になっているものの、10日連続の続伸ということで、下落リスクも無視できません。

これはドル円の推移グラフです。日本は輸出企業の強い国ですから、円安ならば好景気、円高になると不景気となりがちです。

グラフを見てみると、2015年8月ごろと比較すると10円も円高になっています。

これは、2つの見方ができます。

  • 株価が過大評価されている
  • 円高でも業績が好調

バブルとはすなわち、実際の業績よりも株価が過大評価されている状態のことです。皆が買っているからという理由で買いがエスカレートしてしまうのです。しかし、実態が伴っていないといつかはバブルは崩壊してしまいます。

一方で、円高でも業績が好調なため、株価が上昇しているという捉え方もできます。この場合、円が安くなればさらに株高になるでしょう。

株価と同時に、円高・円安の行方もチェックしておきたいです。

  • 円安=株高:住宅ローン金利が上昇の可能性あり
  • 円高=株安:住宅ローン金利が下がる可能性あり

長期返済ならフラット35

新しくマイホームを購入する人、固定金利で借り換えたいという方は、長期固定金利が安く借りられるフラット35がお勧めです。

目安として、20年以上の返済期間になる方は固定金利がおすすめです。

通常の住宅ローンの固定金利と比較すると、0.3~0.7%も金利が違います。固定金利は借りた際の金利がずっと続くため「いつ借りるか」が非常に大切です。マイナス金利の影響で、住宅ローン金利が下がっている今は、フラット35の借り入れがしやすい時期になっています!

ただし、フラット35では団信は任意加入のため、団信を利用する際は0.2%の金利上乗せとなります。八大疾病団信をつけるとさらに0.3%追加と、通常プランと変わらなくなってしまうこともあります。金利はもちろん、保証料、保険料、事務手数料などの総返済額でプランを決めましょう。

kinri-schedule

住宅ローンの金利の適用は、契約時ではなく融資が行われた月の金利です。上の図の場合、申し込みは1月にしていますが、融資が行われたのは2月なので、2月の金利が適用されます。住宅ローンは申し込み手続きや審査などで1ヶ月くらいはかかります。申し込みと手続きをできるだけ早く進めておきましょう!

フラット35おすすめBEST3!

aruhi_logo

15~20年 1.07 %
21~35年 1.07 %
事務手数料 借入額x2.16%

ARUHIはフラット35専門取扱い銀行として、全国シェアNO.1の銀行です。フラット35業界の中でもっとも古くから取り扱っていることから、確かなノウハウと充実したサポートが期待できます。10割融資やフラット50といった他の銀行ではないプランもあるため、状況に合わせた最適なプランを選択できます。

特に、自己資金が20%以上のユーザーは金利が0.2%安くなります。(ARUHIスーパーフラット)これは国内のフラット35では、最も安く借りれるプランです!※ARUHIスーパーフラットでは、事務手数料が2.16%

またARUHIは手続きが非常に速いことでも有名で、仮審査は最短で当日、本審査も最短3日と圧倒的です。フラット35の借り入れを検討している方であればまず申込みしておくべき銀行のひとつでしょう。

  • フラット35シェアNO.1の人気と低金利
  • 自己資金20%以上で金利が0.2%安くなる!
  • 豊富なプランとノウハウで安心のサポート
  • 本審査が最短3日!圧倒的スピード手続き

ARUHI公式HP

rakuten_logo

15~20年 1.15 %
21~35年 1.25 %
事務手数料 借入額x1.08%
借入額x0.972%(借り換え)

amazonと並ぶ日本最大のネット通販を運営する楽天が提供する住宅ローンです。ネット通販の価格の安さを住宅ローンにも持ち込み、業界最安金利で住宅ローンを借りれます。

楽天銀行は手数料が一番安いのもおすすめのポイントです!フラット35の借り換えを検討している人には最適な銀行でしょう。

さらに、契約後は楽天での買い物に追加ポイントがもらえたり、サービス優待がもらえるなど、他の銀行にはない特典がつきます。

  • ネット銀行ならではの低金利
  • 手数料が他銀行と比較して格段に安い
  • 楽天ポイントアップや楽天グループのサービスで優待が受けられる特典が豊富

楽天銀行公式HP

sbi_logo

15~20年 1.15 %
21~35年 1.25 %
事務手数料 借入額x2.16%

住宅ローン業界で人気NO.1の住信SBIネット銀行が、新たにフラット35の提供を開始しました。ネット銀行というと、手続きが難しくて敷居が高い、名前の聞いたことのない銀行で不安だという印象もありますが、住友グループをバックボーンとする住信SBIネット銀行であれば安心です。

フラット35取扱い銀行の中でもっとも金利が安い住宅ローンプランであり、新規・借り換えともにおすすめです!

  • フラット35取扱い銀行の中でもっとも金利が安い
  • 住友グループのバックアップがあり借り入れが安心
  • 通常プラン・フラット35ともに住宅ローン業界人気NO.1

住信SBIネット銀行公式HP

短期返済・借り換えなら変動金利

変動金利は金利が安いのが魅力ですが、金利が上昇し、返済額が増えるリスクがあります。短期間で返済するという人や、借入金額が少ない借り換えの方であれば、金利の安い変動金利を利用して、お得に返済しましょう。目安として、20年以内に返済できる方は変動金利がおすすめです。

三菱UFJ銀行の変動金利の変動金利のように金利に幅のある銀行や、3年固定、5年固定、10年固定のような短期間の固定金利は避けましょう。固定期間が終了すると、通常の金利よりも割高な金利が適用されます。

変動金利を借りるなら、金利が安くサービスの充実しているネット銀行がおすすめです。

変動金利おすすめBEST3!

sbi_logo

変動(新規) 0.447 %
変動(借り換え) 0.418 %
10年固定 0.85 %
事務手数料 借入額x2.16%

「金利の安さ」で人気が広がるネット銀行のなかでも特に注目されているのが住信SBIネット銀行です。最大の魅力は業界で1位の金利の低さです!短期間で一気に返済するという人や、借り換えの人におすすめです。

また住信SBIネット銀行のもうひとつの強みは「全疾病保障付団信が無料」です。住宅ローンの借り入れに必須の団信は総額170万円相当になりますが、住信SBIネット銀行であれば無料で利用できます。

  • 業界1位の低金利!0.447 %!
  • 170万円相当の全疾病保障付団信が無料!
  • 来店相談も可能。ネット銀行でも借り入れが安心。

住信SBIネット銀行公式HP

【来店相談】
やはり住宅ローンは相談しながらじっくり決めたいという方は、お店で担当者と個別相談にのってもらうことができます。

大宮 新宿 秋葉原 大阪
横浜 名古屋 浜松 福岡

個別相談の申し込みはこちら

じぶん銀行

変動(新規) 0.457 %
変動(借り換え) 0.457 %
10年固定 0.68 %
事務手数料 借入額x2.16%

じぶん銀行は、三菱UFJ銀行とKDDIが共同で融資する、ネット銀行です。変動金利が業界トップの安さで、借り換えユーザーに人気の住宅ローンです。

さらに、がんと診断された時点で残ローンが半分になるがん1/2保障が無料でついてきます。住信SBIネット銀行の全疾病保障は対象が幅広いものの、適用条件が「就業不能状態」と非常にハードルが高いというデメリットがあります。一方でじぶん銀行のがん保障は「診断時」に即座に適用されます。

また、じぶん銀行は完全ネット完結型の住宅ローンで、契約書の捺印や郵送などの手間が一切ありません。手間の省略に加えて、収入印紙2万円なども節約できるのでとても嬉しいです。

  • 変動金利が業界最安値
  • がん1/2保障が無料
  • 完全ネット完結型!収入印紙2万円の節約も

じぶん銀行公式HP

イオン銀行

変動(新規) 0.525 %
変動(借り換え) 0.525 %
10年固定 0.85 %
事務手数料 32,400円

三菱UFJ銀行は国内・海外に1000拠点以上の店舗を構える、メガバンクとよばれる国内最大手銀行です。実績と信頼の高い三菱UFJ銀行の住宅ローンが、ネット銀行と同等の低金利で利用できます。

サポート体制が充実しており、難しい手続きや返済計画の相談なども安心です。

  • ネット銀行と同水準の低金利
  • 充実したサポートで安心
  • 豊富な商品ラインナップで多様なニーズに対応

三菱UFJ銀行公式HP

チェックポイント

株高=住宅ローン金利上昇の可能性

チェックポイント

株安=住宅ローン金利下落の可能性

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。