団信付きフラット35が登場。メリット・デメリット

2017年10月から、フラット35がリニューアルされ団信付きプランが登場しました。

旧プランとの大きな違いは2点です。

1つ目は、プラン内容に団信が含まれるようになりました。これまでは、オプションとして追加料金を支払っていましたが、こちらのプランでは、はじめから団信が付いてきます。(※現在でも「団信なし」でフラット35を借りることができます。)

2つ目は、団信の保証内容が以前よりも充実されました。

では、新登場したこちらのプランは良くなっているのでしょうか?それとも何か落とし穴があるのでしょうか?

結論から言いますと、団信付きプランの金利は、以前のプランに団信の価格を上乗せしたものと同等です。価格は変わっていませんので、団信の保証内容が良くなった分だけお得になりました!

ただし、デメリットとして、「団信なし」プランにした場合、旧プランよりも0.1%割高の金利になってしまいました。

また、フラット35Sの割引額が0.05%引き下げられました。

この記事では、具体的に新しく登場した団信付きフラット35のメリット・デメリットを紹介していきます。

団信付きフラット35のメリット

まずはじめに、団信付きフラット35のメリットを紹介していきます。

  • 変動・固定プランと比較しやすい
  • 補償内容が充実された
  • 旧プランと金利は同じ
スポンサーリンク

変動金利プランと比較しやすい

団信付きフラット35のメリットとして、住宅ローンの変動金利や固定金利プランと比較がしやすくなったことが挙げられます。

これまでは、フラット35の基本金利に団信の追加料金を上乗せして計算しなければなりませんでした。団信付きフラット35ならば、金利の上乗せがありませんので、単純に金利を比べるだけでよくなりました。

ただし、フラット35ではこれまでと同様に、団信が無くても借りることができます。「団信なし」を選んだ場合では、金利のマイナス計算をしなければなりませんので、ひと手間かかってしまいます。

団信をつけなくても良いのがフラット35のメリットの一つですから、団信が不要という方にとってはマイナス点にもなります。

補償内容が充実された

旧プラン 新プラン
普通プラン 高度障害保障
死亡保障
身体障害保障
死亡保障
3大疾病付 3大疾病保証
高度障害保障
死亡保障
介護保障
身体障害保障
3大疾病保証
死亡保障

フラット35の団信の補償内容が充実されました。大きな違いは2つです。

1つ目は、高度障害保障が、身体障害保障となりました。これによって、保障が受けられる条件が大きく下げられることになりました。

身体障害者福祉法に定める障害の級別が、1級または2級の障害に該当し、身体障碍者手帳の交付を受けた時に保険金が支払われることになりました。

2つ目は、3大疾病付プランに、介護保障が追加されました。こちらも、保障の適用条件が広がったことでプランの向上となりました。

詳しくは下記リンクのPDFをご覧ください。

団信保障内容

旧プランと金利は同じ

団信付フラット35の金利は、旧プラン+団信料金と同額です。

つまり、団信の保障内容が良くなった分だけ、お得になったということですね!

団信を利用する、という方にとってはメリットの大きなプランになっています。

団信付きフラット35のデメリット

続いて、団信付きフラット35のデメリットを紹介していきます。

とはいえ、団信付きフラット35自体にデメリットはありません。

新しいプランの登場によって、気を付けなければならない注意点を紹介します。

  • 団信は必須ではない
  • 「団信なし」プランの金利が割高に
  • フラット35Sが割高に
  • 旧プランと同額で借りれるプラン

団信は必須ではない

団信付きフラット35の登場によって、各銀行はこちらのプランを大々的に紹介することが多くなりました。

ただし、現在でも団信の有無は任意となっています。「団信なし」でフラット35を借りることは可能です。

絶対に団信を付けないといけない、というわけではないので勘違いしないでください。

「団信なし」プランを選んだ場合、団信付きフラット35から、金利をマイナスした金額で契約することになります。

「団信なし」プランの金利が割高に

旧プラン 新プラン
団信なし 1.0% 1.1%
団信あり 1.3% 1.3%

「団信なし」プランは、金利がマイナス0.2%という計算になっています。

旧プランと比較すると、0.1%の割高となっています。

例えば、以前は団信なしの場合は金利が1.0%、団信をつけると0.3%の上乗せで1.3%になるという計算をしていました。

一方で現在では、団信ありでは1.3%と旧プランと同額ですが、団信なしにすると金利が0.2%しか引かれませんので、0.1%高い計算になってしまいました。

フラット35Sが割高に

旧プラン 新プラン
-0.3% -0.25%

フラット35のリニューアルによって、フラット35Sの割引額が引き下げられました。つまり、フラット35Sが割高になってしまいました。

旧プランでは、割引額が0.3%でしたが、現在では0.25%しか引かれません。

残念な改変ですが、全銀行でこの条件となっていますので、受け入れるしかありませんね。

旧プランと同額で借りれるプラン

旧プランの「団信なし」と同額で借りられる唯一のプランが、ARUHIスーパーフラットです。

借り入れ条件として、自己資金が20%以上とされていますが、各社よりも0.2%低い金利で借りることができます。

旧プランでは割引額が0.1%でしたが、フラット35のリニューアルによって割引額を0.2%に引き上げました。これによって、「団信なし」でも旧プランと同額で借りることができます。

ただし、ARUHIスーパーフラットは借り入れ手数料が借入額の2.16%とフラット35の中でも高めの設定です。

  • フラット35より0.2%金利が低い
  • 自己資金20%以上が条件
  • 借り入れ手数料が借入額の2.16%

まとめ

フラット35のリニューアルによって旧プランとの変化は以下のとおりです。

  • 団信付きプランの金利は変化なし
  • 団信の保障内容が充実した
  • フラット35Sの割引額が0.05%下がった
  • 「団信なし」プランは0.1%割高に
スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。